Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2001年 8月 16日 (木)

火曜日に借りてきた DVD のひとつ,“アンドリュー NDR 114”(クリス・コロンバス監督,ロビン・ウィリアムズ主演,1999年)を見る。もともとロビン・ウィリアムズは“グッドモーニング・ベトナム”で見て以来好きな俳優だったので,この作品も劇場で予告を目にしたとき見てみたいと思っていたのだ。結局劇場公開中は見る機会を逸してしまい,その後リリースされた DVD もしばらく「レンタル中」が続いていて今に至ったわけだ。

一口でいえば「人造人間(ロボットまたはアンドロイド)が人間になろうとする」というストーリーだが,その最終目標までどうも話がトントン拍子で進みすぎるような気がした。僕としては,もう少し主人公の苦悩とか葛藤,あるいは努力などが描かれているほうがよかったのではないかと思う。感想をより直截にいえば,「期待したほどではなかった」ということになろう。

「人間になろうとする人造人間」というキャラクターとしては,ほかにも例えばテレビ・シリーズの“Star Trek : The Next Generation”に登場する“データ(Data)”がいるが,彼のほうがアンドリューよりも前記の点で魅力たっぷりに描かれているし,人造人間ゆえのユーモラスという点でもひけを取らないだろう。“アンドリュー”は,映画としてはむしろ上映時間が長いほう(130分超)だが,やはりそこは限界なのだろうか消化不良の感が否めない。


この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.