Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2002年 1月 28日 (月)

数日前から,“Miranda”というソフトを使い出した。この Miranda は,ICQ および MSN Messenger のクローンとして機能するもので,これら両者の余計な機能を削ぎ落とした軽快なメッセンジャー・ソフトだ。ハードディスクに占める容量も,標準で 1MB強と少ない(詳しくは下記の各頁を参照。)。

Miranda の頁
http://miranda-im.org/
Miranda 日本語版の頁
http://miranda.osakana.net/

おそらく本家である ICQ と MSN にとっては,このようなクローン・ソフトの存在は決して面白いことではないのだろう。しかしユーザの立場からいわせてもらうと,むしろ本家(真正ソフト)が余計な機能を満載して肥大化したからこそ,クローンを使いたくなるのだ。キーボードを叩くたびにタイプライターのような音を鳴らしたり,他人の誕生日を知らせてくれたりすることが,“インスタント・メッセンジャー”によっていったいどれだけ必要なことなのだろうか――それは,もはや“インスタント”ではないのではないか。

Miranda が優れていると評価できる点は,そのソース・コードが公開されていて,他の多くの開発者をして機能拡張のための PLUG-IN を作成せしめていることである。したがってもしユーザが何らかの“余計な”機能を使いたければ,その PLUG-IN を導入すればよいのだ。自分の使いたい機能だけを選んで拡張できるというのは,不要な機能の ON/OFF のみができるだけで当該機能に関する余計なファイルを含んだまま肥大化している本家よりは,自己決定とか選択の余地がある点で多少なりともいいだろう。なにせ僕のマシンは非力だから…。

ところで“非力なマシン”といえば,最近オンライン・ソフトのサポート・メーリングリストや BBS で,そのような表現を「CPU:Celeron 400MHz,HD:10GB」といった程度のスペックに対して用いているのを度々見かけた。僕のマシンは「Pentium MMX 266MHz の 4.3GB」だから,時代は進んだということか…。


2002年 1月 29日 (火)

かねて 1カ月ほど前より通勤等の合間にダラダラと“ブリジッド・ジョーンズの日記”(ヘレン・フィールディング著,亀井よし子訳,ソニー・マガジンズ刊)を読んできたのだが,この日ようやく読み終えた。

面白いといえば面白いが…。昨年秋に見たビデオ(映画)の“ため息つかせて”でも感じたのだが,本当に世の女性はそんなにも「男を獲得(ゲット)しなきゃ」とか「どの男と寝た」ということに熱をあげるのだろうか。もちろん,(“BJ の日記”に関しては)そういった話題だけではなくて仕事での愚痴なんかも盛り込まれてはいるが,結末を読むと結局は「男」なんだという感想に落ち着いてしまう。

どうもこのテのストーリィは,女性をティピカル(典型的)というかステロタイプ(平凡)というか,一種の「型」にはめて描いているような気がしてならない。結末に向かってある程度一貫して話を進め,人物の性格(キャラクター)を際だたせるという要請からなのかもしれないが,小説や戯曲で重要なこうした要素は,「日常を描く」とか「日記」という要素とは相容れないのかもしれない。

「日記」というのならむしろ,インターネット上に存在する無数の「日記サイト」の中にもっと現実味を帯びていて面白いものがあるように思える。もっとも,そういったインターネット上の日記のすべてが真実か,はたどれが虚構なのかは,読む側にとってはわからないだろうが…。


.