Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2002年 1月 29日 (火)

かねて 1カ月ほど前より通勤等の合間にダラダラと“ブリジッド・ジョーンズの日記”(ヘレン・フィールディング著,亀井よし子訳,ソニー・マガジンズ刊)を読んできたのだが,この日ようやく読み終えた。

面白いといえば面白いが…。昨年秋に見たビデオ(映画)の“ため息つかせて”でも感じたのだが,本当に世の女性はそんなにも「男を獲得(ゲット)しなきゃ」とか「どの男と寝た」ということに熱をあげるのだろうか。もちろん,(“BJ の日記”に関しては)そういった話題だけではなくて仕事での愚痴なんかも盛り込まれてはいるが,結末を読むと結局は「男」なんだという感想に落ち着いてしまう。

どうもこのテのストーリィは,女性をティピカル(典型的)というかステロタイプ(平凡)というか,一種の「型」にはめて描いているような気がしてならない。結末に向かってある程度一貫して話を進め,人物の性格(キャラクター)を際だたせるという要請からなのかもしれないが,小説や戯曲で重要なこうした要素は,「日常を描く」とか「日記」という要素とは相容れないのかもしれない。

「日記」というのならむしろ,インターネット上に存在する無数の「日記サイト」の中にもっと現実味を帯びていて面白いものがあるように思える。もっとも,そういったインターネット上の日記のすべてが真実か,はたどれが虚構なのかは,読む側にとってはわからないだろうが…。


この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.