Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2002年 11月 27日 (水)

見たもの・聴いたもの

  • シェーンベルク: グレの歌Schoenberg: Gurrelieder 》 ― Frey (tn), Connell (sp), van Nes (ms), Grönroos (bs), Vogel (tn), Franzen (spr), Chor des NDR Hamburg, Chor des Bayerischen Rundfunks, OCSB. Frankfurt a.M., Radio-Sinfonie-Orchester Frankfurt, Inbal CD: Denon/COCO-7066, 67)
  • ストラヴィンスキー: ペトルーシュカ / 春の祭典Stravinsky: Petroushka (Original 1911 Version) / Le Sacre du Printemps 》 ― Columbia Symphony Orchestra, Stravinsky CD: CBS Sony/25DC 5201)
    ストラヴィンスキーの自作自演。ある意味“指揮者の解釈”を排した客観的(逆に作曲者からみれば究極の主観的)なものであるわけだが,意外にというべきかやはりというべきか,比較的納得のいく演奏。これと各指揮者の演奏とを聴き比べてみるとその指揮者の主観が垣間見える。録音も,1960年当時としては悪くない。
  • 1億人の大質問!? 笑ってコラえて! ―涙と笑いとウマイ物 SP 日本テレビ, 19:00~19:58)
  • 速報!歌の大辞テン!! ―スゴイ実力派ばかり印象深い… 昭和51年 日本テレビ, 19:58~20:54)
    “およげ!たいやきくん”――当時(僕は小学 2年生)わが家ではレコードを買わずにエアチェックで済ませて聴いていた。

この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.