Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2002年 12月 1日

見たもの・聴いたもの

  • 題名のない音楽会 21 ―ロマンチックXマス特集 テレビ朝日, 9:00~9:30)
  • ヴァーグナー: トリスタンとイゾルデWagner: Tristan und Isolde 》 ― Hofmann (tn), Sotin (bs), Behrens (sp), Weikl (br), Steinbach (tn), Minton (ms), Zednik (tn), Grumbach (br), Moser (tn), Chor des Bayerischen Rundfunks, Symphonie-Orchester des Bayerischen Rundfunks, Bernstein CD: Philips/PHCP-1031~35)
  • Superstar ChristmasV.A. CD: Sony Records/SRCS 8505)
    もともと“Do They Know It's Christmas?”(Band Aid)を聴きたくて買ったコンピレーション。同ユニットはチャリティのためにイギリスのミュージシャンを中心にボブ・ゲルドフ(元ブームタウン・ラッツ)の発起により組織されたもので,デヴィッド・ボウイ,ジョージ・マイケル,ボーイ・ジョージ(カルチャー・クラブ),サイモン・ル・ボン(デュラン・デュラン)など 1980年代のヒット・チャートを賑わせていた面々の歌声が当時の懐かしさを掻き立てる。このほかの曲もなかなか粒揃いで,とりわけマライア・キャリーによる“O Holy Night”は出色だろう。ちなみに,“Happy Xmas (War Is Over)”(John Lennon & Yoko Ono)は一人二役で唄える。
  • NHKスペシャル ―エイズ・世界はどう立ち向かうべきか NHK総合, 21:00~21:50)
  • FZ : OZFrank Zappa CD: MSI: VAULTernative/VR 20021)

2002年 12月 2日 (月)

見たもの・聴いたもの


2002年 12月 3日 (火)

見たもの・聴いたもの


2002年 12月 4日 (水)

見たもの・聴いたもの

  • メシアン: アッシジの聖フランチェスコMessiaen: Saint François d'Assise 》 ― Eda-Pierre (sp), van Dam (br), Riegel (tn), Philippe (br), Gautier (tn), Sénéchal (tn), Courtis (bs), Choeurs et Orchestre du Théâtre National de l'Opéra de Paris, 小澤征爾 CD: NEC Avenue: Cybella/A30C-3002~05)
  • モーツァルト: フィガロの結婚Mozart: Le Nozze di Figaro 》 ― Hagegård (br), Augér (sp), Bonney (sp), Salomaa (bs), Nafé (ms), Jones (ms), Feller (bs), Gimenez (br), Egerton (tn), Argenta (sp), Florimo, Anderberg, Höglind, Koor en Orkest van het Drottningholm Hoftheater, Östman CD: Decca: L'Oiseu-Lyre/421 333-2)

2002年 12月 5日 (木)

仕事で昨日から徹夜。もう若くないのに(笑)。

見たもの・聴いたもの


2002年 12月 6日 (金)

数日前の話題だが――

一橋大で集団カンニング 携帯メール使い 26人

一橋大……で 7月末の夏学期末試験の際、2、3年の学生計 26人が携帯電話のメールを使い集団でカンニングをしていたことが 3日、分かった。杉山武彦副学長によると、カンニングがあったのは「eコマース概論」の試験。試験終了後、内容がほぼ同じ答案が多数あることに担当教官が気付いた。……

携帯電話のような小型通信端末を用いて試験中に連絡しあうことなど,ちょっと脳が働けば誰でも思いつくものだ。試験に何かを持ち込んで参照するのを禁じたり,それを指定の教科書や自筆ノートに限るのは,もはや無意味だ。意味があるとすれば,担当教官が自分の著書を買わせて持ち込ませることによってその印税を確保するくらいだろう。

だからこそ僕は,すでに 4年も前から担当するすべての講座で「何でも持ち込み可」という試験を行っている。しかしそれでも,ちゃんと勉強をした者は試験もできるし,勉強していない者はやはり試験の出来も悪いという結果が,それなりに出るのだ。なぜか―― 短答式であれ論述であれ,ちょっとやそっとじゃできないような,受講生をして本当に考えさせる問題をこちらが考えているからだ。同じ答案がいくつも出てくる?―― そうさせない工夫を問題を作るこちらが凝らせばいいのだ。そういう意味では,僕は,試験というのは僕と受講生らとの知恵の凌ぎあいだと思っている。こちらとしても手間はかかるが,こういう知的な闘いは楽しい。

特定のことを暗記させたり,(何頁から何頁までというように)範囲を限ってそこから教科書の記述を写せばそれで答案ができるような,そんな試験はクソ食らえだ。何を参照してもいいから応用力を使って考えさせる――高等教育での試験は,それでいいのだ。

見たもの・聴いたもの

  • ベートーヴェン: 交響曲第9番Beethoven: Symphonie Nr.9 》 ― Norman (sp), Fassbaender (al), Domingo (tn), Berry (bs), Konzertvereinigung Wiener Staatsopernchor, Wiener Philharmoniker, Böhm CD: Polydor: Grammophon/F25G 29013)
    季節もの。ベーム最晩年の録音という触れ込みの CD。“第九”というとカラヤンや,最近では小澤のが有名だが,これらがどうもノリノリでポップスを聴いているような感じがして落ち着かない ――実際カラヤンの演奏は LP で聴いたこともあるがやはり性に合わなかった―― 僕のようなのには,このベームが創り出す枯れた感じがむしろいいのだ。ただデジタル初期の録音らしいが音はあまりよくない。
  • マーラー: 交響曲第5番Mahler: Symphonie Nr.5 》 ― Wiener Philharmoniker, Boulez CD: Polydor: Grammophon/POCG-1996)
  • Civilization PhazeFrank Zappa CD: Zappa Records/CDDZAP 56)
  • タモリ倶楽部 ―変態性欲の心理! クラフト博士歴史上初めて性の世界を研究… テレビ朝日, 24:15~24:45)

2002年 12月 7日

著作権法学会で個別報告。なんとか乗り切ったという感じだったが,中には大変興味を示してくださったその道の権威たる先生もいらっしゃって,わざわざ個人的にコメントをいただいた。

見たもの・聴いたもの

  • LivefieldsToto CD: SME Records/SRCS 2136, 37)
  • はねるのトびら SP!!  フジテレビ, 13:00~14:00 <録画>)

2002年 12月 8日

見たもの・聴いたもの

  • Images - The Best ofJean-Michel Jarre CD: Disques Dreyfus/FDM 36151-2)
  • Hong KongJean-Michel Jarre CD: Disques Dreyfus/FDM 36145-2)
  • NHKスペシャル ―変革の世紀 [最終回] 2002年日本・未来社会への挑戦 NHK総合, 7日 21:00~22:00 <録画>)
  • マーラー: 交響曲第3番Mahler: Symphonie Nr.3 》 ― Soffel (al), Limburger Domsingknaben, Weibliches Chor der Frankfurter Kantorei, Radio-Sinfonie-Orchester Frankfurt, Inbal CD: Denon/60C37-7828, 29)
  • ストラヴィンスキー: 火の鳥Stravinsky: L'Oiseau de Feu 》 ― Detroit Symphony Orchestra, Dorati CD: Polydor: London/F35L-50080)
  • Punch the Monkey!Lupin the 3rd; The 30th Anniversary Remixes CD: Columbia: ********* records/COCA 15143)
  • Ahead of Their TimeFrank Zappa & The Mothers of Invention CD: MSI/MSI 80065)
  • Frank Zappa Meets the Mothers of PreventionFrank Zappa CD: Rykodisc/RCD 10547)

2002年 12月 9日 (月)

見たもの・聴いたもの

  • 世界まる見え!テレビ特捜部 ―見たことナイ超不思議映像連発 日本テレビ, 20:00~20:54)
  • One Size Fits AllFrank Zappa / Mothers CD: Rykodisc/RCD 10095)

2002年 12月 10日 (火)

見たもの・聴いたもの

  • ショスタコーヴィッチ: 交響曲第5番Shostakovich: Simfoniia No.5 》 ― Radio-Sinfonie-Orchester Frankfurt, Inbal CD: Denon/CO-4175)
  • シェーンベルク: モーゼとアロンSchoenberg: Moses und Aron 》 ― Reich (br), Cassily (tn), Palmer (sp), Knight (ms), Winfield (tn), Noble (br), Hermann (br), Angas (bs), Manning (sp), Watts (al), Langridge (tn), Rippon (bs), Wicks (bs), BBC Singers, Orpheus Boy's Choir, BBC Symphony Orchestra, Boulez CD: CBS Sony/CSCR 8086, 87)
  • 旅の香り時の遊び ―冬のみちのく秘湯 SP テレビ朝日, 19:00~19:54)
  • A Farewell to KingsRush CD: PolyGram: Mercury/822 546-2 M-1)
  • HemispheresRush CD: PolyGram: Mercury/822 547-2 M-1)

2002年 12月 11日 (水)

見たもの・聴いたもの

  • ジョルダーノ: アンドレア・シェニエGiordano: Andrea Chenier 》 ― Carreras (tn), Marton (sp), Zancanaro (br), T. Takács (ms), Pane (tn), Federici (bs), Vághelyi (br), K. Takács (ms), Rozsos (tn), Gregor (br), Farkas (ms), Sárkány (bs), Bátor (bs), Tóth (bs), Moldvai (bs), Magyar Állami Operaház, Patané CD: CBS/M2 42369)
  • Sheik YerboutiFrank Zappa CD: Toshiba EMI/CP32-5661)

2002年 12月 12日 (木)

見たもの・聴いたもの

  • ヴェルディ: ルイザ・ミラーVerdi: Luisa Miller 》 ― Rootering (bs), Domingo (tn), Quivar (al), Plishka (bs), Chernov (br), Millo (sp), White (ms), Bills (tn), Metropolitan Opera Orchestra and Chorus, Levine CD: Sony Records/SRCR 9028, 29)

2002年 12月 13日 (金)

この夜から体調優れず。特に腹の調子が。

見たもの・聴いたもの


2002年 12月 14日

見たもの・聴いたもの


2002年 12月 15日

闇黒日記 平成14年12月15日 の文中に 「ウェブを読むとき片手で辞書を持っている人など、多分あまりいないでしょう」ただしこの一節の出自は 胡桃の中の航海日誌(2002-12-14)) という一節を見てふと「そうでもないのでは?」と考えた。

僕は文章を読む際にしばしば辞書を手に取るし,まして文章を書くとなるととても辞書なしで済ませることはできない。勢い,辞書の類は近くに置くということになるが,今ちょっと見てみただけでも――

  • 角川国語辞典 新版〔196版〕 (1978年・角川書店)
  • 角川最新漢和辞典 第二版 (1982年・角川書店)
  • 旺文社 古語辞典 新版 (1982年・旺文社)
  • 広辞苑 第三版 (1983年・岩波書店)
  • 中日常用漢字字典 (1985年・みずうみ書房)
  • 旺文社 英和中辞典 (1975年・旺文社)
  • ライトハウス和英辞典 (1984年・研究社)
  • 旺文社 シニア英英辞典〔新訂版〕 (1978年・旺文社)
  • 現代 スラング英和辞典 (1986年・秀文インターナショナル)
  • 小学館 独和大辞典 [コンパクト版] (1990年・小学館)
  • 新伊和辞典(増訂版) (1981年・白水社)
  • 新法律学辞典(第三版) (1989年・有斐閣)
  • 英米法辞典 (1991年・東大出版会)
  • 独和法律用語辞典 (1993年・成文堂)
  • 模範六法 平成14年版 (2001年・三省堂)
  • 岩波 判例基本六法 平成14(2002)年版 (2001年・岩波書店)
  • クラシック音楽作品名辞典 (1990年・三省堂)
  • 世界史小辞典〔第2版〕 (1985年・山川出版社)

――といったものが常に手の届く範囲にあり,もちろん必要とあらばこれらはウェブを閲覧する際にも使用する。

法学ことはじめ”でも書いているように,法律学の世界では読む者が各条文を知っていることを前提にして文章が書かれるから,条文の確認作業は必須である。そうした環境に慣らされたせいか,僕自身は文章の読み書きにあって辞書を手にすることを特に厭わしくは思わないのだが,やはり 「あまりいない」 タイプなのだろうか。自分の知らない表現に接し,それを理解して自分の身につけることは非常に楽しいと思うのだが。まさに,手元にある(上記のうちの一冊である)広辞苑(第三版)の帯に書かれた大岡信氏の推薦の言葉のとおり――

〔略〕……引く一瞬前まではアーアー,ダアダアの赤ん坊.引いた後では一挙に知識の確固たる最先端.一瞬にして遙かな道程を踏破する秘術が,机の上にいつも待機しているこの喜び.

……などと書きながら,学部生時代, 桃中軒雲右衛門事件 の判決文を読む際に国語辞典や漢和辞典と首っ引きしていた自分の姿を思い出していた。そのおかげで,「假令」とか「加之」といった表現も覚えられたし。

見たもの・聴いたもの

  • ヴェルディ: アイーダVerdi: Aïda 》 ― Pavarotti (tn), Chiara (sp), Dimitrova (ms), Burchuladze (bs), Nucci (br), Roni (bs), Gavazzi (tn), Renée (sp), Orchestra e Coro del Teatro alla Scala di Milano, Maazel CD: Polydor: London/POCL-9004~06)
  • Audio SpongeSketch Show CD: cutting edge/CTCR 14224)

2002年 12月 16日 (月)

見たもの・聴いたもの


2002年 12月 17日 (火)

見たもの・聴いたもの

  • History ― Past, Present and Future BookMichael Jackson CD: Sony Music: Epic/EPC 474709 2)
    1980年代に流行ったころが一番よかった。当時はさほど好きではなかったけど。
  • プロジェクトX 挑戦者たち ―海底ロマン深海6500メートルへ NHK総合, 21:15~21:58)
  • Broadway the Hard WayFrank Zappa CD: Rykodisc/RCD 40096)
    マイケル・ジャクソンを茶化した“Why Don't You Like Me?”という曲が入っている。歌い方も彼の真似。
  • Some Other Time ― A Tribute to Chet BakerRichie Beirach, Michael & Randy Brecker, George Mraz, Adam Nussbaum and John Scofield CD: Alfa Jazz: Triloka/ALCR-71)

2002年 12月 18日 (水)

見たもの・聴いたもの

  • クシェネク: ジョニーは演奏するKřenek: Jonny Spielt auf 》 ― Kruse (tn), Marc (sp), St. Hill (br), Kraus (br), Posselt (sp), Chinchilla (jazz-bd), Reinecke (jazz-vn), Korn (jazz-p), Leipzig Opernchor, Gewandhausorchester Leipzig, Zangrosek CD: Polydor: London/POCL-1363, 64)
    なんでも小澤のヴィーン国立歌劇場就任後の初仕事としての同演目が好調だそうで,それでこの CD を持っていたのを思い出した次第。
  • 新線鉄道計画徹底ガイド 東日本編 ― 川島令三 (山海堂,2001年: ISBN4-381-10388-2)
    以前書店で時間つぶしにちょっと立ち読みして以来気になって,またじっくり読んでみたかった本なのだが,近くの公共図書館にあったので借りてきて読んだ。
  • アダムズ: クリングホファーの死Adams: The Death of Klinghoffer 》 ― Maddalena (br), Felty (ms), Hammons (br), Young (tn), Perry (br), Sylvan (br), Friedman (ms), Nadler (al), London Opera Chorus, L'Orchestre de l'Opéra de Lyon, Nagano CD: Warner: Elektra Nonsuch/WPCC-5353, 54)
  • Star Trekヴォイジャー ―第113話:眩惑のカオス・スペース テレビ埼玉, 20:00~20:55)

2002年 12月 19日 (木)

見たもの・聴いたもの


2002年 12月 20日 (金)

見たもの・聴いたもの

  • マーラー: 交響曲第8番千人の交響曲Mahler: Symphonie Nr.8 》 ― Robinson (sp), Cahill (sp), Heichele (sp), Budai (al), Henschel (al), Riegel (tn), Prey (br), Stamm (bs), Chor des Bayerischen Rundfunks, Chor des NDR Hamburg, Südfunkchor Stuttgart, Chor des WDR Köln, RIAS-Kammerchor Berlin, Limburger Domsingknaben, Knabenchor des Hessischen Rundfunks, Walter-Lindqvist (org), Radio-Sinfonie-Orchester Frankfurt, Inbal CD: Denon/60CO-1564, 65)
    歌付交響曲という点では“第九”よりも好きだ。どうせ年の瀬にやるのであれば,むしろこちらのほうが相応しくないか。もっとも,素人が唄うには難しくてあちらより大衆性はないだろうけど。
  • RevolutionsJean-Michel Jarre CD: Disuqes Dreyfus/CD 837 098-2)
  • You can't do that on Stage Anymore Vol.3Frank Zappa CD: Rykodisc/RCD 10085, 86)
  • タモリ倶楽部 ―女子アナも大好き! テレビ局ロケ弁当02年ベスト30今夜発表 テレビ朝日, 24:15~24:45)
    寝る前に食べ物の映像は目の毒だ……。

2002年 12月 21日

起動時のデスクトップ

特にネタもないので,たまにはわがコンピュータのデスクトップでも晒してみよう。

右(この頁での標準スタイルでの配置。)の画像は,コンピュータ(Win 98)を起動してすぐの状態をキャプチャーしたものであり,同画像から 800×600 ピクセルのやや詳細な画像(約61KBytes)へとリンクしてある。ご覧のとおり,壁紙はなし(ちなみにデスクトップの色設定は,R=0; G=50; B=100 である。),アイコンは“マイ コンピュータ”と“ネットワーク コンピュータ”の二つだけ(ただしいずれも名前を変更してある。),アクティヴ・デスクトップはオフにしてあるから当然ながらクイック起動バーもなし,スタート・アップ,すなわち OS 起動時に自動起動するアプリケーションもなく,タスクトレイには Atok と電源管理(ノート型で充電池をも使用するためこれだけ致し方なく表示してある。)のアイコンと標準の時計があるのみだ。至ってシンプルである。こうすることで,起動時には優に 90%超のシステム・リソースを確保できている。

ここで「デスクトップのアイコンや起動バーがなければ各アプリケーションの起動が不便ではないだろうか?」と思われる方もいるだろう。しかし,普段よく使うアプリケーションについてはショートカット・キーを設定してあるので,わざわざ“スタート”メニューを辿らなくても,例えばブラウザの Opera なら Ctrl+Alt+O で,エディタの xyzzy なら Ctrl+Alt+Z で,メーラーの Becky! なら Ctrl+Alt+B で,といったようにそれぞれ一発で起動できるようにしてある。

それともう一点,標準では必ず表示される“ごみ箱”を非表示にしていてはファイルの整理・削除の際に不便ではないかと思われるかもしれない。しかしファイルを“ごみ箱”に放り込むのは,わざわざマウスでドラッグしなくともエクスプローラ等で目的のファイルを選択して Delete すれば済むことだし,また“スタート”メニュー内に“ごみ箱”へのショートカットを置いているのでいざというときにはそこから“ごみ箱”を開いて操作できる。

最新鋭の高性能マシンであればスピードだのリソースだのあまり気にしなくてもいいのかもしれないが,こうすることでわがマシンのような骨董品(?)でも十分快適な動作をしてくれる,というわけだ。

見たもの・聴いたもの

  • 渡辺篤史の建もの探訪 ―11坪の家・工夫の台所 テレビ朝日, 9:30~9:55)
  • Live: Right Here, Right Now.Van Halen CD: Warner Bros./9362-45198-2)
  • 土曜ワイド劇場25周年記念スペシャル: 混浴露天風呂連続殺人 22 ―東京-長崎-雲仙・温泉デカの名推理! 島原の子守唄に秘められた謎 テレビ朝日, 21:00~22:51)
    “お馴染みのシリーズ”というと聞こえはいいが,ストーリィ,特に肝心のサスペンス要素は陳腐化している。シリーズの以前の作品よりもいわゆるサービス・カットの占める割合が増えてきているようで,それだけで数字を狙うというのも何とも寂しい限り。

2002年 12月 22日

見たもの・聴いたもの

  • Uncle MeatFrank Zappa / The Mothers CD: Rykodisc/RCD 10064, 65)
  • Burnt Weeny SandwichFrank Zappa / The Mothers of Invention CD: MSI/MSI 80038)
    昨日(21日)はザッパの誕生日。生誕62周年。

2002年 12月 23日 (月) 天皇誕生日

通常時のデスクトップ

一昨日はコンピュータ起動直後のデスクトップを紹介したので,今日は普段の状態,すなわちいくつかのアプリケーションを用いて作業をしている状態のデスクトップをご覧いただこう。右(この頁での標準スタイルでの配置。)の画像がその状態のスクリーン・ショットで,やはり同画像から原寸大の画像(1024×768 ピクセルで減色したもの。約158KBytes。)へとリンクしてある。

ウェブを閲覧するのに Opera 7 Beta2 を使っていることとそのスキン(外観)を自前のものにカスタマイズしている点が,特徴といえば特徴か。また,Windows 標準の画面デザイン(ウィンドウが多少盛り上がって見えるところ)があまり好きではないので,平坦な感じになるように [画面のプロパティ]-[デザイン] で設定してある。Opera の後ろに見えているのがエディタの xyzzy で,原稿を書くのはもちろん,HTML 等も含めておよそ文書の作成・編集はこれを使っている(もちろん,outline-treehtml+-mode を利用している。)。ワープロは,一応“一太郎”が入っているが,他人のワープロ文書を開く必要があるときしか起動しない。自分の書く文書に関していえば,内容を措いて体裁だけを整えることに特段の意味を見出しがたいし,ちょっとした体裁であれば HTMLCSS で十分だからだ。ただマークアップによって文書の体裁を整えるという点では TeX にも興味があるが,いざハマるとそちらにしばらく時間を取られてしまいそうなのでまだ手を出すのを躊躇しているというところだ。

見たもの・聴いたもの

  • Weasels Ripped My FleshFrank Zappa & The Mothers of Invention CD: Rykodisc/RCD 10163)
  • Chunga's RevengeFrank Zappa CD: Rykodisc/RCD 10164)
  • Xmas 超緊急放出 世界まる見え!テレビ特捜部 特大スペシャル ―今年最後だから実現超お宝ベスト映像祭 日本テレビ, 19:00~20:54)
  • Bongo FuryFrank Zappa / Captain Beefheart / Mothers CD: Rykodisc/RCD 10097)

2002年 12月 24日 (火)

見たもの・聴いたもの

  • Superstar ChristmasV.A. CD: Sony Records/SRCS 8505)
    季節ものだが,それを抜きにしてもいいコンピレーションだと思う。全体のサウンドが大人向きなので,オコチャマには退屈かもしれないが。
  • 学校へ行こう! Xマス もんたがサンタにキスをした SP TBS, 18:55~21:09)

2002年 12月 25日 (水)

見たもの・聴いたもの

  • 冬のテレビクラブ: ピタゴラスイッチ NHK教育, 10:30~10:45)
  • マーラー: 交響曲第4番Mahler: Symphonie Nr.4 》 ― Donath (sp), Pagin (vn), Radio-Sinfonie-Orchester Frankfurt, Inbal CD: Denon/33C37-7952)
  • はるちゃん 6 フジテレビ, 13:30~14:00)
  • Out of the LoopBrecker Brothers CD: GRP/GRD-9784)
  • スイスペ!: あの探検隊が帰って来た!! ―アマゾン奥地1500キロ! テラプレータの密林に謎の猿人ジュンマは実在した テレビ朝日, 19:00~21:24)
    川口浩探検隊を見てきた世代にとっては懐かしい。新隊長の藤岡弘、は川口とは異なり多少コテコテした演技だが,それはそれで彼の持ち味としていいだろう。ただ,番組は長すぎでもっと探検隊の動きそのものに着目してダラダラさせない工夫がほしかったし,やれ毒蜘蛛だやれ落石だと,もっと畳みかけるように演出(?)があってもよかった(そういう意味では旧探検隊世代にとっては消化不良なのでは?)。ところで“藤岡弘、”の“、”ってなんだ? 姓名判断での画数を意識して? “モーニング娘。”にあやかって?
  • Star Trekヴォイジャー ―第114話:頭脳集団クロスの陰謀 テレビ埼玉, 20:00~20:55 <録画>)

2002年 12月 26日 (木)

ささやかな贅沢。浅草散策から日の出,お台場と水上クルージング。都内の某シティ・ホテルで一泊。

見たもの・聴いたもの

  • Jazz Best Library ―チック・コリア特集 Music Bird Jazz 8, 18:00~22:00)
  • くらくらクラ~リネット ―メイキング・オブ・谷口英治 Music Bird Jazz 8, 22:00~23:00)

2002年 12月 27日 (金)

見たもの・聴いたもの

  • 高校教師 [] ―隠された絆 TBS, 15:55~16:50)
  • 高校教師 [] ―禁断の愛を越えて TBS, 16:55~17:50)
  • 金曜エンタテイメント: おばさんデカ・桜乙女の事件帖 11 ―事件の鍵を握るおばあちゃんがボケてしまった!? 今度こそ幸せになりたかった… 10年前の資産家殺人で消えた金が再び女の人生を狂わす フジテレビ, 21:00~22:52)

2002年 12月 28日

先日 25日付 の“見たもの・聴いたもの”で俳優 “藤岡弘、” の読点(、)について触れたが,気になって調べてみたところ 彼のオフィシャル・サイト に彼自身の言葉として以下のような記述があった。

〔略〕……この「、」には「我は未だ未完成なり」の思いを込めている。私は、未熟であり未完成な人間である事を知っている。さまざまな失敗や挫折から生まれる劣等感をバネにこれまでも生きてきた。だからこそ、周囲に流されることなく生きていけるように自らの名前に「、」をつけたのだ。

なるほどこれを見る限りでは本人の意思(意図)だったわけだ。しかし,肝心のオフィシャル・サイトでは読点があったりなかったりとバラつきがある。意思(意図)がサイト製作スタッフに行き届いていないのか。

見たもの・聴いたもの

  • Serious Hits...Phil Collins CD: WEA Music/WMC5-220)
  • プロジェクトX アンコール ―あさま山荘・衝撃の鉄球作戦 NHK総合, 21:00~22:25)

2002年 12月 29日

やっと年賀状を印刷した。宛名書き(こちらは印刷ではなく手書き)はこれから。

見たもの・聴いたもの


2002年 12月 30日 (月)

下記の“ドリフ”との兼ね合いで後半だけだったが“ザ・ベストテン 2002”(TBS)も見た。

この時期よくありがちなこういった「懐かしの歌を今一度本人に唄ってもらいましょう」という企画を見るたびに,懐かしい歌手たちが,“当時のままのように唄える派”と“今や見る影もなく衰えている派”とにはっきり分かれるのに驚かされる。およそプロの歌手たる者声の鍛錬を怠らずにそれを維持するのは当然ではないか。当時のオリジナルと同じキーで唄えないなど,万死に値するものといえよう。当時のままに唄えない自分を,またそのような有様でこのような番組にのこのこ出てくることを恥ずかしいとは思わないのだろうかと,首を傾げたくなる。

当時自分が好きだったアーティストや楽曲は特にその思いが強くなってしまうのだろう,ゴダイゴ(タケカワユキヒデ) はとりわけ幻滅度が高い。

見たもの・聴いたもの

  • ストラヴィンスキー: プルチネルラ(改訂版) / カルタ遊びStravinsky: Pulcinella (Version revisée) / Jeu des Cartes 》 ― Berganza (ms), Davis (tn), Shirley-Quirk (bs), London Symphony Orchestra, Abbado CD: Polydor: Grammophon/F28G 22074)
  • ドリフ大爆笑全員集合スペシャル ―全部見せますドリフ来年40年・伝説もしもコントから全員集合まで一挙公開 フジテレビ, 18:30~20:54)
    他局のソースにも拘わらず“全員集合”時代の映像を見せてくれたことを評価したい。適当なくだらない内輪ウケのゲームでお茶を濁してばかりの昨今の“お笑い”に対して,手の込んだセットを組みながらコントの最後のオチでそれを見事に(舞台いっぱいに)崩壊させてしまうという本来のエンターテインメントを,我々はもっと見たいのだ。

2002年 12月 31日 (火)

見たもの・聴いたもの

  • 第53回紅白歌合戦 NHK総合, 19:30~23:45)

.