Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2004年 5月 1日

全国の貨物列車の発着時刻を記した「JR貨物時刻表」(鉄道貨物協会発行)が、発売から1カ月余りで在庫が底をついた。「いままでにない売れ行き」と同協会。……3月のダイヤ改定号がテレビの深夜番組で紹介され、人気の火がついた。

朝日新聞 4月 30日付 35面 「青鉛筆」

「テレビの深夜番組」 というのはいうまでもなく 4月 16日放送(関東圏)の “タモリ倶楽部” のことである。折りしも先日私は東京情報大学の講義で,「“タモリ倶楽部” こそは最強のオタク・コンテンツの一つである」 といって受講生の笑いを誘ったのだが : 基本的に私のいう 「オタク」 は,しばしば一般に認識されているような 「視野の狭い世間離れした人間」 という意味での存在ではなく,「物事に強い興味関心を抱くことのできる人」 というポジティヴなそれである。),上記や 日本ブレイク工業の社歌 の件などはまさにそれが具体化された例であり,こうした潜在的オタク好奇心をる企画は同番組の面目躍如だ。

タイアップだのメディア・ミックスだのといって何かつまらないものを売りつけようと姑息な手段を弄するのではなく,何か面白いものsomething fun)を企画しては自らも面白がりつつみんなに見せるという,エンタテインメントの本質がここにある。

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 2日

横浜市青葉区にある こどもの国 に行ってきた。以下はその園内で撮影した写真のうちの 8枚 ――7枚目のセキセイインコの写真では,巣箱から雛が頭を出しているのがおわかりだろうか。いずれも大きいサイズ(640×480 ピクセル)の画像へとリンクしてある。

こどもの国 入口 中央広場のポピー 子牛 マーラ 羽を広げた孔雀 羽を広げた白孔雀 セキセイインコの親子 藤の花(藤棚)

見たもの・聴いたもの

  • どうぶつ奇想天外! ―イヌ特集 TBS, 20:00~20:54)

2004年 5月 3日 (月) 憲法記念日

朝日新聞 が 4月 28日付朝刊の社説で,こんな処遇ではいけない と題して大学の非常勤講師について論じている。その一節を紹介すると,以下のような調子だ。

……大学の先生は二つに分かれ、待遇に大きな格差がある。専任教員は月給が支払われ、個別の研究室と研究費が与えられる。一方で、非常勤の教員は講義に応じて賃金が支払われるだけで、研究室も研究費もない。……専任教員並みに5コマの講義を担当しても、年収は150万円ほどにしかならない。講義のための本代や学会に出席する費用は自己負担だ。契約は1年ごとで、専任教員になれる保証もない。……こうしたパートタイム教員が科目の3~4割を担当しているのが日本の大学の現実である。

いちいち肯けることばかりだ。実際私も,それまで数年間何の問題もなく担当していた講義なのに,もっぱらその大学の都合で,1年ごとの契約期間を盾に取られて 「次年度から来ていただかなくて結構」 と当該次年度のわずか 2カ月前に突然通知された経験がある。その意味では,社説に賛成する気持ちがないわけではない。

他方,社説はその後半で,文部科学省による私立大学への助成において非常勤講師賃金の補助単価が引き上げられたことを受けて,「この際、私立大学は補助金に自主財源をもっと上乗せして、待遇を改善すべきだ」 と主張する。また,国立大学についても,法人化後に一般の労働法の適用を受ける旨の通知が文部科学省からなされた点を掲げ,「専任教員の待遇とのバランスを考えなければならないというわけだ。各大学はこの通知を重んじてほしい」 と述べたうえで,以下のように締めくくる。

いまや多彩なカリキュラムを組むには非常勤講師は欠かせない存在となっている。だからこそ、研究と教育への意欲を持てるように処遇することが、学生たちのためにも必要である。大学が自らこの問題に取り組まなければ、大学の自治や学問の自由の理念が泣くだろう。非常勤講師の問題をいつまでも大学の恥部にしていてはいけない。

しかしここでちょっと待てよ感じざるを得ない。おっしゃることは大変立派で非常勤講師の立場からは心丈夫だが,ことは非常勤講師の待遇改善,単純にいってしまえば賃金を上げるだけで済むのか,ということである。そもそも社説は,非常勤が冷遇されている点だけを強調するが,専任には専任なりの責任やがあることも無視してはならないだろう。実際,私も知り合いの専任教員からさまざまな話を聞いて,案外自分が自由な立場にあるのだということを再認識させられたことがしばしばあった(もっとも,だからといってこのままでいようなどとは思わないが。)。社説の主張はそういったことをも考慮したうえでなされたものか,少なくとも私にはそうは思えない。

また社説というものはこれに限らず,得てして何でもかんでも 「改善すべきだ」 という,抽象的で空虚な提言でお茶を濁してしまう傾向にある。前述したように,非常勤講師の待遇改善はこれを雇う大学側が今よりも金を出す(これには直接的な賃金の増加だけでなく,環境整備等に費やされる間接的なものも含まれる。)ことで十分なのかという観点から,もっと具体的なアイディアがほしいところだ。

そこで私の具体的な提言だが……(以下,続く)

見たもの・聴いたもの

  • サラヴァ!Saravah! 》 ― 高橋ユキヒロ CD: King: Seven Seas/KICS 8072)
  • ジャスト ―最新芸能&流行ファッション情報 TBS, 14:00~15:55)
  • 君と踊りあかそう日の出を見るまでWe Could Dance with You All Night 'til the Dawn Breaks Through 》 ― じゃがたら CD: Ultra-Vybe: Solid Records/CDSOL-0017)
  • 奇跡の扉 TVのチカラ ―全真相 東京府中20歳女学生が母を拒絶…運命の一夜 娘号泣▽消えた公務員44歳独身デザイナーが謎の失跡… 金&女の影 テレビ朝日, 20:00~20:54)

2004年 5月 4日 (火) 祝日法3条3項による休日

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 5日 (水) こどもの日

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 6日 (木)

専門学校の学年暦により,今日明日とまだ休みなのである。もっとも,今月中の締切ということで仕事が一つ入ったので通常の意味での「休み」とはいえないのであるが,やはり講義とその準備がないのは楽だ。今日はこれから散髪に行く予定。

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 7日 (金)

メイン・エントランス プロメテウス火山 ホテル・ミラコスタ エレクトリックレールウェイ S.S. コロンビア号 カラーガード・パフォーマンス マジック・イン・ザ・スカイ

妻と 東京ディズニーシー(TDS) へ出かける。東京ディズニーランド(TDL) は何度となく足を運んだことがあるが,TDS は二人とも今回が初めてだ。

暦では連休は終わっているものの私のようにまだ休みの最中にある人もいるだろうし,まして金曜日ということもあり,5月 7日という日取りはそれなりに混雑するのではないかと計画段階から多少の不安を感じていたのだが,何しろ今年度に関しては私自身が普段の平日に休みが取れないこともあって,如何せんこの日程で行こうということになったのである。ところがフタを開けてみると…… すいていた。さすがにあれだけのテーマパークであるからして人がいないとまではいかないが,各種アトラクションの待ち時間やレストランの混み具合から見て取るに ガラガラ といっても過言ではない有様である。上記の日程選択の成功もあるのだろうが,どうやら新アトラクションのオープンで賑わう隣の TDL に多くの人が流れたようだ(実際,帰りの舞浜駅は頗る混雑していた。)。

そんな次第で,アトラクションの待ち時間はいずれも実質ゼロである。となると,例えば “インディ・ジョーンズ・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮” では,自動撮影される写真の写り具合が気に入らないということで,何度でも続けて乗り直す(撮り直す)ということが可能となる。それどころか時間帯によっては,前後の人との間隔を調整することで,我々二人だけで一つのヴィークル(最大12人乗)に乗り込んで写真に写るということさえできるのである(実際そうやった)。これはなかなか楽しい。この日我々はこの “インディ・ジョーンズ” だけで少なくとも 5回は乗った。

ところで,一般には TDS は(TDL に比べて)あまり面白くない」 という声をしばしば耳にする。確かにアトラクションの数自体さほど多くないし,特に刺激的なものが少ないので,それを求める若い人にはあまり人気がないのかもしれない。しかしもともと乗り物よりはショーやパーク全体の雰囲気を愉しみたいという我々にとっては,TDS は十分に面白かったといえる(すいていたおかげもあるのだろうが)。中でもハンガーステージ(ロストリバー・デルタ)で行われている “ミスティック・リズム” はよかった。水と火そしてワイヤーを使った演舞と,電子楽器ながら生で演奏される音楽とが融合したパフォーマンスは,オトナの鑑賞に十分耐えうるエンタテインメントではなかろうか(逆にコドモにとってはつまらないかも)。

掲げた写真はその TDS の模様。(標準のスタイルで)上から順に下記の説明に対応しており,それぞれ 640×480 ピクセルの画像へとリンクしてある。

  1. メイン・エントランスの様子,
  2. TDS のシンボル,プロメテウス火山,
  3. パークからだとイタリアの港町の街並のように見えるホテル・ミラコスタの外観,
  4. ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ(電車)を鉄道写真ふうに,
  5. 豪華客船を模した S.S. コロンビア号,
  6. エントランス付近のプラザで行われたカラーガードのパフォーマンス,
  7. ディズニーマジック・イン・ザ・スカイ(花火),前景にぼんやり青く写っているのはアラビアンコーストにある建物

是非また行こう。

見たもの・聴いたもの

  • タモリ倶楽部 ―大爆笑 人気民放気象予報士が屋上で天気をツマミに飲み会集合 テレビ朝日, 24:15~24:45)

2004年 5月 8日

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 9日

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 10日 (月)

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 11日 (火)

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 12日 (水)

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 13日 (木)

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 14日 (金)

見たもの・聴いたもの

  • 水戸黄門 第13部 ―とどけ馬子唄瞼の母に・熊本 [] TBS, 15:55~16:50)
  • ナンカロウ: プレイヤー・ピアノのための練習曲 (第1巻) 《 Nancarrow: Studies for Player Piano 》 ― Nancarrow (player-p) CD: Wergo/WER 6907 2~6911 2: Disc 1)
  • NHKスペシャル [] ―大欧州誕生(後編):動き出した強いヨーロッパ ―新・安全保障戦略 NHK総合, 11日 24:40~25:30 <録画>)
  • ナンカロウ: プレイヤー・ピアノのための練習曲 (第2巻) 《 Nancarrow: Studies for Player Piano 》 ― Nancarrow (player-p) CD: Wergo/WER 6907 2~6911 2: Disc 2)
  • タモリ倶楽部 ―春らんまん 民放人気気象予報士天気をサカナに屋上飲み会集合 続編 テレビ朝日, 24:15~24:45)
  • ナンカロウ: プレイヤー・ピアノのための練習曲 (第3巻) 《 Nancarrow: Studies for Player Piano 》 ― Nancarrow (player-p) CD: Wergo/WER 6907 2~6911 2: Disc 3)
  • ミッドナイトアートシアター: アルカトラズからの脱出Escape from Alcatraz 》 フジテレビ, 27:00~28:45 <20分繰下げ>)
    絵を禁止された囚人ドクが作業場にて自分の手の指を斧で落とす場面,記憶では指の飛ぶ様が描かれていたと思うが,最近のテレビ放送では編集されているのか。

2004年 5月 15日

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 16日

見たもの・聴いたもの

  • 風街ろまん ― はっぴいえんど CD: Toshiba EMI/TOCT-8946)

2004年 5月 17日 (月)

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 18日 (火)

見たもの・聴いたもの

  • 裸の王様The Naked King 》 ― じゃがたら CD: BMG: Funhouse/BVCK-38059)
  • NHKスペシャル [] ―地球大進化・46億年・人類への旅②: 全球凍結 大型生物誕生の謎 NHK総合, 17日 24:40~25:30 <録画>)

2004年 5月 19日 (水)

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 20日 (木)

このところ日記本編に何も書いていない日が続いているのは,単に忙しいだけなのだ。書きたいこと,書くべきこと,さまざまあるのだが,如何せん時間的にも気持ちの上でも書くゆとりがない。……そうこうしているうちに今月の中旬も終わり。時が過ぎるのが速い。

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 21日 (金)

今日は朝の 1限から仕事がある日で,昨夜から 「台風に遭ったらイヤだなあ」 などと不安に思っていたのだが,家を出る時こそ多少雨風はあったものの学校に着くころには雨も上がり,まして授業を始めるころには晴れ出す始末。……折り畳み傘にしておいて正解。

見たもの・聴いたもの

  • Star Trekヴォイジャー ―第159話:宿命の殺人星人 テレビ埼玉, 19日 20:00~20:55 <録画>)
  • Roxy & ElsewhereFrank Zappa / Mothers CD: MSI/MSI 80039)
  • タモリ倶楽部 ―土木界最大の芸術品を楽しむ ジャンクション鑑賞会 マニア登場 テレビ朝日, 24:15~24:45)

2004年 5月 22日

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 23日

また風邪をひいたようで寝込む。過労気味で抵抗力が落ちているのか,自己管理がしっかりしていないのか。

見たもの・聴いたもの

  • ニュース 7 NHK総合, 19:00~19:30)
  • Geometry of LoveJean Michel Jarre CD: Warner: East West/2564 60693-2)

2004年 5月 24日 (月)

今日,履修者 130人の講義の仕事をしたのは失敗だったかも……。午前中恢復傾向にあった風邪が逆に悪化。

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 25日 (火)

今日も復調せず。朝は少しマシかと思っていたが,やはり仕事をすると覿面に風邪がぶり返す。むしろ昨日より悪寒がひどく,さらに悪化した感じ。今週末には学会にも行かなきゃならないというのに,大丈夫か?

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 26日 (水)

見たもの・聴いたもの

  • We're Only in it for the MoneyFrank Zappa & The Mothers of Invention CD: Rykodisc/RCD 10503)
  • Star Trekヴォイジャー 6 ―第136話:遺棄されたボーグ ちばテレビ, 20:00~20:55)
  • 千のナイフThousand Knives 》 ― 坂本龍一 CD: Nippon Columbia/COCA-12152)

2004年 5月 27日 (木)

東京メトロ の車掌よ,喋るな! どうしても喋りたいのなら,自動音声をうち消さないように喋ってくれ ……と思うのは私だけではあるまい。自動音声に対応している車輛に乗ったにもかかわらず,生の車掌の声を聞かされるとガッカリする。あの自動音声は,何というか,どことなく落ち着くのだ。


風邪はずいぶんよくなった。4コマの授業はさすがに喉への負担になるが,昨日一昨日の疲れ具合からみれば格段にいい。

見たもの・聴いたもの

  • Zoot AlluresFrank Zappa CD: Zappa Records/CDZAP 22)
  • 伊藤政則の Rock City ちばテレビ, 23:00~23:30)
    スコーピオンズ,懐かしい。“Rock You Like a Hurricane” など,高校時代によくバンドでコピーしたもんだ。

2004年 5月 28日 (金)

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 29日

著作権法学会に出席。……もっとも今回は,学術的なことよりも,恩師をはじめとする各位にお会いしてあれこれ報告したり相談したりという,そちらのほうが主たる目的だったのだが。

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 30日

昼間はほとんど寝て過ごした一日。

見たもの・聴いたもの


2004年 5月 31日 (月)

見たもの・聴いたもの


.