Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2006年 3月 5日

昨年春 に自宅を無線 LAN にした際に購入したアクセスポイント,コレガ CG-WLAP54AG-P だが,かねてからどうも具合が悪かった。何度かに渡り指摘・対策してきた WZCSLDR2.exe の強制終了 は子機のドライバの問題だとしても,親機も時折勝手に再起動してしまっていたのだ(どうやらこれに起因して前記の子機の問題も発生するようだ)。修理を依頼するにしても代替機がないと……と思っていたら,実家で Buffalo WHR-AM54G54/P が一台余っているというのでこれを貰い受けた。

とりあえずブリッジ・モードに切り替えて,有線環境で SSID やら暗号キーやら MAC アドレス制限など一通りの設定を済ませ,現メイン・マシンから無線で繋がるようにしたのまではよかった。しかし旧マシン(現在は主に妻が使用)に落とし穴があった。セットの子機 WLI-CB-AMG54 も一緒に贈られてきたので旧マシンにこれを着けようと思ったのが間違い。同機は暗号方式 WPA-PSK AES に対応と謳っておきながら通常の設定からではこれが選択できず,同社独自の AOSS とかいう接続方法でしか使えないというシロモノ。他方その AOSS にすると自分で設定した SSID 等の設定は無効になるというのだ。まったくアホらしい。

結局旧マシンの子機は従前の コレガ CG-WLCB54AG(これとて前述のように問題があるのだが)に戻した次第。AOSS「安心・かんたん・快適」 がご自慢 のようだが,こちとらそんなものは不要で,自分で機器を組み合わせたり細かい設定をしたりしたいのだ。「安心・かんたん・快適」 で互換性・汎用性を失わせ,自社製品だけで囲い込むつもりなんだろうか。


妻とスーパーに出かけた際に いかなご のくぎ煮の初物が出ていたので,買って夕食時に食べる。どうも関西のほうが関東よりも,こういったように食べ物で季節を感じることに熱心だと思うのだが,いかがだろうか。

見たもの・聴いたもの


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


.