Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2006年 3月 31日 (金)

シラバス CD-ROM

出校せず,家で仕事。妻が体調を崩して休んでいる。


本務校ではこの 2006年度から冊子でのシラバス配布をやめて電子媒体にしたそうで,写真がその CD。昨日研究室で学生諸君といっちょ見てみるかという話になったが,これがとんだシロモノ。

まずコンピュータのドライヴに CD をセットすると自動実行でルート・ディレクトリの index.html が読み込まれてブラウザが起動するまではいい(もっとも私は私用マシンでは CD の自動実行をレジストリで解除しているが)。そこでシラバスを実際に見るためのボタンをクリックすると,なんと実行ファイル(それも “シラバス.exe” というファイル名)を起動しようとするではないか。これではまるでコンピュータ・ウィルスだ。

当該実行ファイルは FileMaker Pro で作成されたもののようで,百歩譲って exe を実行させるのはいいとしても,実際の画面がまた見づらいこと見づらいこと。マウスのホイールが効かないし(環境依存かもしれないが),字の標準サイズは豆粒,表のセルから溢れた文字列は見ることすらできない。さらには印刷してもまともに見られない(画面表示で文字の大きさは変更できるが印刷には反映されない)。作成者はいったいどういう神経をしているのだろう。こんなことするくらいなら,コンテンツ(データ)のすべてを HTML にしてウェブに載せるほうがよっぽどマシだと思われるが。

もともと学生の多くは紙媒体のシラバスだってそれほど見ないのに,こんな見づらい形ではそれに拍車をかけるようなものではないか。

見たもの・聴いたもの


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


.