Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2006年 12月 11日 (月)

Nintendo DS Lite では無線通信ができ,さらにそのうちの “Wi-Fi 通信” では無線 LAN でインターネットを利用して遠隔のユーザどうしで通信ができることはつとに知られている。今般購入したソフトはいずれもこの Wi-Fi 通信に対応しているので,インターネットに接続してみたくなるのは至極当然だろう。

わが家にはすでに無線 LAN 環境があるのでいとも簡単にと思いきや,ここで問題が発生した。当の DS Lite の無線通信暗号化技術が,安全性の低い WEP 128bit までしか対応していないのだ。他方わが家の無線環境は,PSP を含めていずれもより安全性の高い WPA-PSK AES に対応しているためこれに合わせてある。すなわち,DS Lite をわが家の無線環境に参加させるには,わが家の無線環境全体の暗号化を DS Lite のレベル(WEP 128bit)まで下げてやらなくてはいけないわけだ。これは非常に心許ない。気になってネット上のリソースを少々調べてみると,同様に DS Lite の無線の安全性を危惧する声がちらほらと見受けられる(例えば,Landscape - エンジニアのメモmuumoo.jp など)。

同じような問題は,実は,個人的には大学の研究室ですでに経験している。ここでは結局,余剰となっていた無線ルーターを用いることで下位互換環境をも作った が,これと同様に DS Lite だけのためだけにもう一台ルーターを買うのは馬鹿げている。そうすると,任天堂が自身で提供している Wi-Fi USB コネクタ を購入するかということになるが,どうしたものか。目下検討中だ。

見たもの・聴いたもの

  • The Campfire HeadphaseBoards of Canada CD: Beat Records: Warp/BRC-139)
  • And Then the CloudsGrey Area CD: Waveform/WAV 05103-2)
  • World Tour 1980Yellow Magic Orchestra CD: Alfa Music/ALCA-5065, 66)
  • Here are Your New InstructionsTicklish CD: Textile/TCD5)

この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.