Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2007年 6月 23日

Willcom メール問題について,覚えている範囲で整理しておく。まずは基本的事項。

  • 機種は,W-ZERO3 [es](WS007SH)。関係ないと思うが色は黒。購入したのは 2006年 9月 30日
  • 製造番号は,60138xx8(W-ZERO3 まとめサイト に従い,下2~3桁は伏せてある。)。
  • ファームウェアは当初 1.02a。18日に 1.50a にアップデート(ただし状況は変わらず。)。
  • W-SIM は RX410IN。当初のヴァージョンは 2.02で,19日の晩に 2.03にアップデートしたが状況は変わらず。
  • 普段使っているメール・ソフトは HDMobiMail(当時のヴァージョンは 0.810。この間に 0.821 にアップデート。)。付属の tmail を標準のものと置き換えることで自動受信をしている。

そして事実経過。

  • 6月 15日(金) の午前中に,メールが来ているはずなのに [es] が受信していない状態に気づく。その際手動受信しようとするとダイヤルアップ中の表示がしばらく出たままになり,結局エラーで受信できず。仕方なくソフト・リセットをして手動受信。
  • 同日 13:20~15:00 に自動受信をした形跡(未読メール)があったが,自動受信をしたその場面は目にしていない。そしてその後まったく自動受信はできなくなった。
  • ソフト・リセット,フル・リセットをしても変わらず。
  • 高速化の有効無効をオンラインサインアップで切り替えて,Club Air-Edge の接続先番号を変えてもダメ。
  • 18日(月) の晩に,まずファームウェアのアップデートをする(1.50a)。
  • 続いてフォーマット(完全初期化)。初期化してすぐにオンライン・サインアップをして,素の状態(バックアップの復元も一切行わず)で W-ZERO3 メールを使って受信を試みたが,最初と変わらず。すなわち自動受信できず,その状態から手動受信しようとしてもエラーになる(いったん電源を切ってまた入れてから手動受信すると大丈夫な点も同じ。)。
  • 19日(火) の夕方,ウィルコム・プラザ梅田 に行って状況を説明。その際試しに,同所に備えてある別のハードウェアに私の W-SIM を装着してみたところ,やはり問題が発生。どうやら W-SIM に原因があるのではないかと推察する。
  • 同日深夜,自宅で W-SIM(RX410IN)のヴァージョン・アップをする。しかし状況はまったく変わらず。

そして,昨日書いた Willcom メール問題対処法(一部追記訂正した)を行い,現在に至る。

見たもの・聴いたもの

  • 渡辺篤史の建もの探訪 ―光さしこむ半地下生活・家庭菜園のある家 ABCテレビ, 9:30~9:55)
  • Star Trekディープ・スペース・ナイン ―第96話:星に死の満つる時 Super! drama TV, 1日 26:00~27:00 <録画>)
  • Star Trekディープ・スペース・ナイン ―第97話:クワーク、絶体絶命 Super! drama TV, 4日 26:00~27:00 <録画>)
  • Star Trekディープ・スペース・ナイン ―第98話:可変種の脅威 第二幕(前編) Super! drama TV, 5日 26:00~27:00 <録画>)
  • Star Trekディープ・スペース・ナイン ―第99話:可変種の脅威 第二幕(後編) Super! drama TV, 6日 26:00~27:00 <録画>)
  • Star Trekディープ・スペース・ナイン ―第100話:神の船 Super! drama TV, 7日 26:00~27:00 <録画>)
  • Star Trekディープ・スペース・ナイン ―第101話:クワークの再婚 Super! drama TV, 8日 26:00~27:00 <録画>)

この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


この記事へのトラックバック

  • W-SIM 交換か?M4 (メディア批評日記) : 2007年 6月 24日 (日) 雨の中,ラグビー観戦。こちらは雨を避けられる場所にいるからいいが,選手たちにはかなりハー...

トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.