Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2007年 10月 26日 (金)

読んだ記事から

  • 日経産業新聞 2007年10月25日 3面: デジタル時評

    「ハード至上主義に限界」 という見出しがついた,シンク代表取締役CEO 森祐治氏のコラム。海外では,「家電や情報機器メーカーの間で,サービスやコンテンツなどのソフトと,ハードウエアを融合させたビジネスモデルを目指す傾向が顕著になっている」(特に iPhoneiPod Touch を引き合いに出して詳細に説明)のに対し,日本がこの点で出遅れていることを指摘。現に先般の電子機器展示会 CEATEC Japan でも 「話題の中心はあくまでテレビの薄型化や大型化といった旧来の『製造業的』なもので,ハードとソフトの融合は決して主役ではない」 ことを嘆き,「ハード至上主義からの転換を今以上に加速させる必要〔性〕」 を説く。

    知的財産についてもわが国では同じような状況だろう。ハードについての技術的創作,すなわち特許の対象たる発明を知的財産の至上とする見方がいまだに強く,コンテンツやブランド・イメージといったソフト面を下に見る傾向にある。これは知的財産を扱う企業にも,また私たちのある教育ないし人材育成の場でも言えることだ。それでいいのか? 私自身はソフト寄りの人間として,上記記事に共感を覚えざるを得ない。「ものづくり」 の 「もの」 にはハードたる 「物」 だけでなくソフトも含まれているのだと私は思うのだが,そういう認識を持ち得ない人が少なからずいることに危機感を抱いている。

サイトの更新情報

見たもの・聴いたもの


この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.