Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2008年 2月 22日 (金)

2008年度(2009年 3月)卒業見込の学生らの就職活動が本格化してきたようで,至る所でその姿を見かけるようになった。先日は学校の関連施設でたまたま顔見知りの就活学生に遭遇,彼と就職活動について十数分ほど雑談をした。その同じ日,立ち寄ったスターバックスのカウンター席で隣り合わせた見知らぬ女子学生二人は,おそらく知らない者どうしで,おのおのが問題集や書類に目を向けていた。そこで感じたのは,今どきの学生一般の気質。

よく言えば非常に真面目だ。これは,新聞のコラムや企業の人から得られた感想でもしばしば言われているところだし,私自身も身近な学生らを見ていて思う。一見チャラチャラしているような学生でも案外成績に敏感になっていたりするし,多くの学生は(出席を取らなくても)授業に出てくる。いい子ちゃんが多い(もっとも,その裏では匿名掲示板とかで何言っているか知れたもんじゃない,というのもいるだろうけど)。

他方,彼らを悪く言えば,ゆとりがない。冒頭に掲げた学生らは,いずれも切羽詰まったという感じだった。就活が始まって間もないゆえ緊張しているのであろうことを割り引いても,力が入りすぎているんじゃないのか?と思う。私なんかは,自分の学生時代を振り返ってみて(と言っても就職活動はしなかったが),スターバックスのようなカフェや喫茶店でコーヒーともなれば,イヤホンで好きな音楽でも聴いて,軽めの新書でも読んで,リラックスするのがごく普通の過ごし方。たまに気取って難しい本を読んだり,勉強らしきこともしてみたけど,なんとなく雰囲気作って格好つけているだけという感じだった。しかし現在の彼らからそういう感じは到底見て取れない。問題集に食いつく有様はそりゃもう必死で……。就活中の休憩と言うにはほど遠く,むしろ次への準備という感じ。

学生時代なんて,まだ漠然としか将来のことを考えられなくて,むしろだからこそ,いろんなものを見たり聞いたりすればいいのに。就職活動だって,最初から絞っていきたいのはわかるけど(当然それなりにコストもかかるわけだし),自分から視野を狭くしているようでもったいないな。ネットの就活情報など頼りになるものがあるから合理化をしているつもりなのかもしれないが,いくつも無駄足重ねて自分の目で見てやろうっていう気は起きないのかな……。そういえば彼らはそろそろ “ゆとり教育” を受け始めた世代か。それに対して抱く印象が 「ゆとりを感じられない」 というのは,なんだか皮肉だね。

見たもの・聴いたもの

  • 西村京太郎トラベルミステリー ―スーパービュー踊り子号・殺意の旅-グリーン個室の遺言 [] ABCテレビ, 13:55~15:46)
    十津川警部役が三橋達也だったり,エンディングが腐ったメディア・ミックスによる既存の曲ではなくてちゃんとシリーズのテーマ曲だったり,久々に古い作品を見た。こういう時代の,というかもっと前のアーカイヴを,見せてくれればいいのに。最近は昼間の再放送の時間帯でも,つい最近のコンテンツしか提供してくれないのがイヤだよ。
  • 白い巨塔 [] ―第14話:母の涙 関西テレビ, 15:57~16:53)
  • R-1 ぐらんぷり 2008 ―№1は誰だ!? 熾烈なバトル展開は必見です!! 関西テレビ, 17日 16:05~17:20 <録画>)
  • ドリーム・プレス社 ―たむけんが焼き肉店で年商5億円…薄利多売ビジネスの怖さにおびえる裸芸人▽借金ダメ芸人ラーメン 毎日放送, 20:00~20:54)
    たむけんの焼肉屋は,一号店が近所なので開店して間もない(まだ混雑してなかった)頃に一度行ったけど,言うほどウマくないぞ。もっともっとウマい焼肉屋なら,その近所にもごまんとあるし。メディアの力を利用するというのは大きいな。
  • The Egocentric - World Domination (Same Old Dream)The Havana Boys OnlineDigital Tunes / TOICD002-X)
  • Burnin' DragonThe Havana Boys OnlineDigital Tunes / HAV002-X)
  • 探偵!ナイトスクープ ―男44歳!! 初恋30年目の奇跡▽歩いて通れない恐怖の館▽キツネの襟巻きは今!? ABCテレビ, 23:17~24:12)

この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.