Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2008年 7月 18日 (金)

ゼミ・コンパ

朝,他の教員の試験監督が一つ。あとはのんびり研究室で個人的な仕事でもと思っていたが,学生が何組か訪ねてきて主に試験についての質問を受けたり。こちらも嫌いじゃないというか,むしろ雑談混じりで勉強を教えるのは楽しくて好きだからまんざらでもない。ごく少人数だと講義と違って理解したという反応もすぐに得られるしね。

夕方からゼミ(3年・4年)のコンパ(写真)。後半はウダウダ感が漂っていたが,それもまた好きなのだ。

見たもの・聴いたもの


この記事に付されたタグ


この記事へのコメント [2件]

※ 新しいものが下に表示されます。 現在コメントは受け付けていません。

しまじろぅ。
Posted on 2008-07-19, 22:02:49 JST

先生のゼミはいいですねぇ~。みんな仲よさそうで。笑 うちのYゼミは、みなシーンとしてます。。。(泣)

関堂幸輔
Posted on 2008-07-20, 23:41:42 JST

こちらも多少マジメに反応してしまうと,自分で積極的に選んだのだとしたら,それを嘆いても詮なきことだと思いますがね。

社交辞令か本音かはわかりませんが,しばしば他のゼミの学生から「先生のゼミはいいなぁ」などと言われますけど,正直言うとそれ言われるたびに,「だったら俺のゼミ選べばよかっただろ」というプチ怒りと,「そら見たことか」という冷笑的な思いが,0.02秒ぐらいアタマをよぎります。

というか,ゼミの雰囲気を担当教員のみに起因するものとしている(あるいはそれを主たる要因としている)段階で間違ってますね。別に,先生と無関係に飲み会でもやればいいのでは? 僕もむしろ,自分がいなくてもゼミ生どうしで仲良くやってくれればいいと思ってます。僕自身,学部生時代のゼミは,先生もすばらしい人だったけど,先生とは別に友人どうしでも仲良くしていましたし。

それこそ今度の知的財産実務では僕の学部生時代のゼミでの友人が講師として来てくれます。ゼミで知り合ったどうしが 15年以上も友人でいること,その友人が二つ返事で面倒な依頼を引き受けてくれること,そして,そういう友人ができるゼミとはどんな感じなのか,思いを馳せてごらんなさい。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.