Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2009年 1月 13日 (火)

昨年末に Rockbox on iPod nano の調子が悪くて,その対処法を検索してみたら 自分のブログの記事 がヒットしたという 話を Twitter でした のだが,昨夜その対処をようやく施した。すなわち,iPod nanoWindows で再フォーマットして Rockbox を再インストールしたのである。

結果,Rockbox としての動作は正常に戻ったのだが,iTunes 上でいまだ認識されないのは少々気になる。まあ Rockbox を使っていればデータ転送にも iTunes は不要だし,純正ファームウェアはもう使う気がないのでことさら問題ではないのだが……。なお,この点の対処方法については他人様のブログで見つけたので,いざというときのために書き留めておこう(“正しく識別されませんでした - デジモノ大好き” を参照。なお同記事が述べている,「iTunesに接続できない障害をiTunesに接続しないと復旧しない〔のは〕大いなる矛盾」 というのはまったく同感だ。かつては iPod Updater が別途用意されていたが,上記の点からそのほうがいいように思う。)。

今回の Rockbox 不調の原因はわかっていて,iPod nano 本体のホールド・スイッチをオンにしたままコンピューターに接続してしまったからなのだ。ついうっかりのミスで,注意していれば起こらないことなのだけれど,その程度の所作で異常になってしまうというのも何だかなぁ……。


AV 関係でもう一つ。一昨日の晩から昨日にかけて,居間のテレビのリモコンが効きにくくなっていて困った。もともとテレビ本体に付属していたリモコンはもちろん,CATV のセットトップボックスに付属のマルチ・リモコンも効きづらい。二つ以上のリモコンからの操作が効きにくくなっているということは,リモコン側の問題(例えば電池の消耗とか)ではなく,その受光部のあるテレビ本体の問題ではないか,すなわち,リモコンの赤外線受光部の奥で回路等が接触不良にでもなったか。と思われた。

「アナログ停波まであと2年半もあるのに(ましてちゃんと映るのに)今テレビを買い替えるのイヤだな~」 というのが真っ先に思ったこと。しかしまあリモコンが効かない(=使えない)というのはなんと不便なことか。チャンネルを変えるのはもちろん,音量を操作するにもいちいち立ち上がらなくてはならない。上記のもったいない精神も,いささか挫けそうになったほどだ。

而してどうにも納得がいかず原因を探ってみたところ,これが判明した。どうやら近くに置いてあったほかの機器(具体的には,CD プレーヤーか PS2)のリモコンのボタンが何かの拍子に押されたままになっていたようで,その発する信号とコンフリクトしていたらしい。その状態を解消したら,どちらのリモコンもあっさり効くようになった。

しかし繰り返しになるが,たかがリモコンが使えないだけでこれほど不便に感じるとは……。思えば私の子供の時分は,テレビにリモコンなどなかったのに,だ。そうなのだよ! 昔はチャンネルを変えるにも,音量を調整するにも,テレビ本体で操作していたのだ。せいぜい 20年とか 30年前の話,私自身,リモコンなしでの操作をさんざ経験しているにもかかわらず,いざ今それに戻れというともう無理になってしまっている。

まだ人生半分でそれほど頑固でない(=フレキシブルである)と思っていたが,便利さに慣れるというのはこういうことなのだな。ネットの通信速度がいったん速くなるともう戻れないというのも,同じ感覚かもしれない。人間って贅沢だ。

ビジネス・ニュース・クリップ

  • 日経産業 4面: 萩原雅之の深読み・先読み 米番組配信急成長サイト 「ユーチューブ・キラー」登場
    米国 NBC と FOX が共同で起こした「フールー(hulu)」を紹介している。曰く,「フールーのようなクールなプラットフォームなら、広告主も視聴者も喜ぶに違いない」 と。筆者も指摘するように,権利者がどれだけ先見を持ち,理解を示すかどうかが問題だろう。
  • 日経産業 20面: [パーソナルスキル] スマートフォン 仕事スマートに - 出先で業務メール点検/ソフト追加「自分仕様」
  • 日経産業 4面: 東映アニメ 企業販促にアニメ活用 - 博報堂DYMPなどと連携 地域密着テーマ/携帯に先行配信
  • 日経産業 5面: ソニー ネット対応デジカメ - 無線LANで画像送信

見たもの・聴いたもの


この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.