Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2009年 2月18日 (水)

There's Nothing Yet

昨日のミクシィ関連記事 に反響があったので,勢いで今日も書く。長いよ。


昨日は,ミクシィがユーザーをしていちいちそのサイトを訪れさせるのは「広告とページビューとが関係しているのではないか」との邪推を書いたが,これは少なからず当たっていると自負している。その根拠を示そう。それは私が感じるミクシィの最も嫌な点の一つでもあるのだが,要するに,とにかくサイトのユーザー・インターフェイスが最悪だということだ。

ミクシィ利用者で,右の画像を目にしてイライラした経験のある人は少なくないだろう。ミクシィで他のユーザーのページを閲覧していると,“フォト”とか“ミュージック”といったメニュー画像が並んでいるが,それらを閲覧しようとクリックして現れるのがほとんどこの「まだ何もありません」だ。アイコンがかわいいといえばそうかもしれないが,何度も見せられると人を食ったように感じられて腹立たしくなってくる。

さらにもう一つ具体例を。ミクシィではユーザーがそのトップ・ページに自分の写真というかアバターというか,何らかの画像を自分の象徴(?)として掲載することができるようになっているが(画面の左上方向にある),あそこには必ず「ほかの写真を見る」というリンクが表示されている。ところが,そのユーザーが画像を一つしか掲載していなくても(それどころか一つも掲載していなくても),このリンクは表示されているのだ。結果,このリンクをクリックしていざ表示させてみても,ほかの写真はないということに。

なぜこれほどまでにユーザー・インターフェイス(ユーザビリティとかサイト・デザインと言ってもよかろう)が悪いのだろう。上記などはいずれも,サイトの作り方次第で解消できる問題のはずだ。例えば,ページのテンプレートで条件分岐を使って,リンク先のコンテンツがない場合はリンク(アンカー)を張らないとか,見た目をグレーアウトにするなどして無効を示すとか,それほど難しい技術ではないはずだ。なのにそれをすらしない。

思うに,ミクシィはユーザーにとにかくページを移動してもらいたいと,無駄なリンクをクリックすればそのたびに別のページが開いて広告を見てもらえると考えているのではなかろうか。ユニークな閲覧者がそれほど多くなくても,その閲覧者が何ページも見てくれればページ・ビューが増える。そのたびに広告が表示されれば,その数をもって広告主にアピールすることができる。

このことがまさに,昨日言及した,自社サイトへの誘導に躍起になることとも繋がる。とにかく何かしらミクシィのサービスを享受したりコンテンツを楽しむためには,ユーザーはミクシィのサイトを訪れないといけないのだ。

現在でも,例えばメッセージ通知機能がそのようになっている。あなたがミクシィにおいて他のユーザーから(ダイレクト・)メッセージを受け取った場合,それをメールで通知するように設定していたとしたならば,実際,ミクシィからメールは送られてくる。しかしそのメッセージ自体の全文は当該メールに掲載されていないので,ミクシィのサイトを訪れない限りそれを読むことはできないのだ。他方,こうした連携に優れた Twitter では,同じくダイレクト・メッセージを受け取った際のメール通知設定があるが,その通知メールでメッセージの全文を読むことができて,いちいち Twitter のサイトを開くまでもない。

要するに,こうしたミクシィの不便さというのがいずれも広告なりページ・ビューという点から説明できるのであって,ゆえに私の邪推が当たっていると思うし,API 開放も中途半端であろうと推測するのだ。もっとも,引き合いに出した Twitter はそもそもミクシィのようなセコい広告収益モデルに依存していないという意味では異なる。しかしながら,ユーザーから見ればソーシャルなメディアないしコンテンツであるという点で同じ。だとすれば,先述したユーザビリティの意味あいからも,ミクシィが今後,自社の広告収益モデルに拘泥せずにユーザーに対してどれだけ親切になってくれるのかが,わが国のソーシャル・ネットワーキングの未来を決めるのではないかな(ちょっと大袈裟な言い方で,かつ私は悲観的だけど)。

ビジネス・ニュース・クリップ

  • 日経 MJ 1面: [食品]×[玩具] コラボ作戦、[卸]が仲人 - [日本アクセス・老舗のり店・バンダイ] 提案力高め売り場確保/[国分系・ハウス・タカラトミー] 販促、低コストで効果大 〈卸の調整力に注目度高まる 商慣習の壁越え連携活発〉
  • 日経産業 4面: [SNS進行形 増殖する人脈経済圏] -2- 「個人と対話」販促に活用 - 異業種が注目
  • 日経産業 4面: 鉄道の投稿写真 ブログパーツに - 東洋メディアサービス
  • 日経産業 15面: 鉄道収入、10社ブレーキ - 上場16社 10-12月 - 長距離利用の不振響く
  • 日経 MJ 15面: [フーズ Who] 駄菓子食べ放題居酒屋 - つまみも内装も非日常 - サービスマート駄菓子バー事業部 岡幸生さん
  • 日経産業 4面: 芸能人の出演交渉サイト - マテリアル 事務所40社参加
  • 日経産業 3面: 電話番号でサイト誘導 - 顧客が電話→携帯のアドレス返信 QRコードより手軽 - 電通が新手法 〈携帯サイト アクセス課題 検索サービス、精度不十分〉
  • 日経産業 20面: 優柔不断OFF 富士通[再]起動 - HDD事業 東芝に売却 - [再]編口火役、切り売り断行 - “戦略蛇行”消去へ一歩

見たもの・聴いたもの


この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.