Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2009年 2月19日 (木)

さらに続けてミクシィのネタ。昨日の記事 について予想しうる反応は,じゃあオマエ,関堂はなぜミクシィを利用するのか,と。

正直言って,私個人がミクシィを使うことにあまり意義はない。ブログは更新情報(RSS)も含めてミクシィ内部ではなく一般公開しているし,“ミュージック”も Last.fm がある。私自身においてミクシィのアカウントを維持する意義があるとすれば,ミクシィ内部から私のウェブにリンクされた場合に,そのリファラーを辿るために必要である(ミクシィ・ユーザーでなければミクシィ内部のページが見られないから)くらいだ。実際,ミクシィのアカウントを取得しようと思ったのも,そのようにリンクされているのに気づいたのがそもそものきっかけだった。

さらに言えば,ミクシィでなければ繋がっていられない友人というのは,少なくとも今のところ私にはない。ほとんどがリアルでも知っている人だし,ミクシィ以外の連絡手段がある。そういえば以前,私の授業を履修しているらしい学生が私のことをミクシィの日記に書いていて,そのコメントでその友人と「オマエ〔関堂に〕マイミク申請しろよ」「嫌だよ」みたいになっていたところに私本人が降臨(?)して,「お前らマイミク申請しなくていいよ。俺は別にリアルに友達に困ってないから」というようなコメントを残したらそれっきり,ということがあった(笑)。まさにそんな感じ。

乗ってきたついでに暴言じみたことを言えば,かつてノリで私とマイミクシィになってしまって今では切りあぐねている学生や OB 諸君など,切ってもらったって一向に構わない。自分から切ると恨まれそうで嫌だとか思っているのもいるかもしれないが,全然気にしないよ。それでも気になるのなら,今度近いうちにキャンペーンやってこっちから切ってやろうか?

現在知っている学生らにしてもそう。そりゃたまに足あとつけられたらつけ返しちゃったりもするが,別に「あ,俺が教えている学生だな」とわかったからといって,どこかの誰かさんのように,「もしかして○○さん?マイミクになりましょう」などと申し出たりしないし,マイミクシィになって友達気分よろしく仕事上の愚痴とか「友人限定公開」で日記にしたりしないから,安心せい。

話がずいぶん逸れた。とにかく,私がいまだにミクシィを利用しているのは,冒頭に掲げたリンクの件(これとて今やほとんど気にしなくなっているけど)と,何人かのリアルでも親しいマイミクシィの人たちが,ミクシィで日記を書いておられるからそれを閲覧するためだけだ。ちなみに,というかついでに関連させて告知するが,ミクシィでのメッセージはほとんど無視しちゃう(届いた時は見るが後で返信しようと思って忘れ去るため)ので,何か伝えたければメール(ウェブのメール・フォーム 含む)かブログのコメントにしてくれ(特に学生諸君)。

ビジネス・ニュース・クリップ

  • 日経産業 3面: BD補償金めぐり意見対立 4月1日の導入 微妙に - メーカー「『地デジ放送』対象外」/著作権者「主張自体あり得ぬ」
  • 日経産業 3面: ウィルコム「次世代」に賭ける - PHS技術 中ZTEと提携 - コスト競争力 武器に 低価格帯を拡充 「3.9世代」携帯に対抗 〈中国での普及視野 両社、4月メドに団体設立〉
  • 日経産業 3面: 無線LAN 携帯端末向け装置 - IIJ、3機種に対応
    ウィルコム対応機器は3月に出るが,現在のPHS回線では遅すぎて話にならん。それこそ上の記事ではないけど次世代に期待するよ。
  • 日経産業 4面: [SNS進行形 増殖する人脈経済圏] -3- 携帯版の躍進 主役のゲーム「飽き」と戦う
  • 日経産業 6面: IT活用、最大の経営戦略 - マイクロソフトCOOに聞く - コスト削減に威力 「クラウド」に全面移行ない

見たもの・聴いたもの


この記事に付されたタグ


この記事へのコメント [2件]

※ 新しいものが下に表示されます。 現在コメントは受け付けていません。

匿名希望
Posted on 2009-02-22, 21:34:21 JST

某大学で先生の授業を取っている学生です。匿名希望ですみません。

先生、ちょっと気になったのですが...「どこかの誰かさんのように」って、誰かそういう人がいるんですか?あの書き方はいそうですよね。しかもそれってきっと先生ですよね??...もしかしてあの人ですか?w

関堂幸輔
Posted on 2009-02-27, 23:21:46 JST

書かれた内容とアドレスからどの学校のどの辺の方なのかだいたいわかったのですけど……。ご想像におまかせしますよ(笑)。ま,私は何の根拠もなく公然書くことはしませんから。Twitter と mixi のメッセージ告知についても,書く前に友人知人の協力を得てわざわざ調べるぐらいですからね。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.