Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2009年 3月 11日 (水)

昨日ちょっと触れた J-CIS の件に関連してもう一つ。“j-cis” を検索すると最上位にヒットするのが “j-cis.ne.jp” のドメインで,実際そのウェブを見てみると著作権や知的財産権についてそれらしいことが簡素に書いてあるのだがどうも怪しい。そこで IPひろば で当該ドメインを調べてみると以下のような WHOIS 情報が出た。

Network Information: [ネットワーク情報]
a. [IPネットワークアドレス]     210.188.201.0/25
b. [ネットワーク名]             XSERVER
f. [組織名]                     有限会社ベット
g. [Organization]               BET,Inc.
m. [管理者連絡窓口]             NK3681JP
n. [技術連絡担当者]             NK3681JP
p. [ネームサーバ]
[割当年月日]                    2006/05/30
[返却年月日]                    
[最終更新]                      2006/05/30 13:50:03(JST)

さらにこの “有限会社ベット” を検索するとヒットするのが “株式会社ベット” で,そのウェブ を見てみると「サービス内容」に「XSERVER」(上記引用の「ネットワーク名」と同一)というのがある。どうやらこの会社がドメインを保有していると見て間違いない。

末廣恒夫氏が2007年9月1日付記事 でこのサイトについて触れているが,今でこそ怪しさ満載なものの,当時の “j-cis.ne.jp” のキャプチャー画像を見る感じではなるほど真正の保有者によるサイトと思ってしまうかもしれない。

要するにこんなんなるまで,すなわち似非サイトを他人に制作せしめて,ドメイン名にかかる仲裁申立て等もせずに放置してあるところに J-CIS 構想の失態が見てとれる,というわけ(なお,上記ベット社によるドメイン名の保有・使用が不正競争防止法上の不正競争行為と断じているわけではないのであしからず。)。

ビジネス・ニュース・クリップ

  • 日経産業 9面: 英の権利団体 「グーグルに失望」 - ユーチューブとの対立で
    PRS for Music”(en.wikipedia.org の説明)のこと。音楽ビデオ配信に関する契約の更新更新に際し,同団体が「ひどく高額なライセンス料」を要求してきたとして YouTube(米 Google)側が合意までレコード会社から利用許諾を受けていた音楽ビデオの配信を停止すると発表したことを受けての発言。
  • 日経産業 20面: 邦画 デジタル化の大波 - 松竹、京都撮影所を改装 - 大学と提携、アマ育成
  • 日経産業 4面: ユニバーサルミュージック 小池社長に聞く 国内CD出荷で昨年首位 販促、30代以上に的 - 市場縮小、配信と融合加速 〈記者の目:構造改革が急務〉
  • 日経 MJ 9面: アーティスト商品販売 - ユニバーサルミュージック ロゴTシャツなど
  • 日経 MJ 9面: バンダイビジュアル 子供向けアニメ拡充 - 部署新設 DVD展開見込む - 玩具・ゲームへ波及効果狙う
  • 日経 MJ 5面: キン肉マン人形・ドラえもんパン コンビニ各社 キャラ商品拡充
  • 日経産業 4面: イラストコンテスト 「モバゲー」と雑誌 連携 - DeNA、角川と協力
  • 日経産業 3面: マイクロソフトもサース - 企業向け日本で参入 - 来月にも開始 先行グーグルに対抗 〈サービス 高品質を保証 「稼働率99.9%」基準に〉

見たもの・聴いたもの


この記事に付されたタグ


この記事へのコメント [2件]

※ 新しいものが下に表示されます。 現在コメントは受け付けていません。

末廣恒夫
Posted on 2009-03-11, 23:01:44 JST

J-CISのサイトは閉鎖したと思っていました。 ブログでは取り上げなかったのですが、半年ぐらい前でしょうか、経団連が中心となって作ったコンテンツポータル、Japan Content Showcaseができたので、J-CISの役割は終わった、という内容の閉鎖告知を見た記憶があります。 その時スクリーンショットなどはとらなかったので、確実ではありませんが。 Web Archiveでも確認できませんでした。

関堂幸輔
Posted on 2009-03-11, 23:54:16 JST

早速のコメント,ありがとうございます。Twitter のフォローも。

そうでしたか…。私もそうかなとは思っていたのですが,今般の権利集中管理のニュースに関連して J-CIS が一顧だにされていないのを訝しく思った次第でして。今般の集中管理の仕組みも,J-CIS の轍を踏むようなことがあってはマズかろうと。もちろん,当時と状況は大きく異なり,今は楽曲の配信に顕著なように,集中管理の需要も高まっているとは思うのですけどね。

それにしても,J-CIS の産物である(と私は記憶している)“MINC” がいまだに情けない姿をさらしているのも趣があります。個人的に最も萎えるのが,欧文表記が全角アルファベットということ(笑)。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.