Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2009年 7月 9日 (木)

読んだ記事から

  • 日経産業新聞 2009年7月9日付 20面: 山崎JR西社長が辞任表明 脱線事故で起訴 「東」「東海」と収益力で差も - 新型インフル・景気低迷・高速 経営正念場に

    このニュースに関連して,やはり JR 西日本はダメだなぁと改めて思う。利用者,顧客へのサービスがなっていないんだもの。以下は,先日 Twitter でもつぶやいた ダイヤに関する話。

    新大阪に到着する東海道新幹線の最終便は のぞみ 269号(23:45着)だが,ここから在来線への乗り換えが大変なのだ(不定期運転されている一本前の のぞみ 411号(23:42着)でも同様)。まず新大阪で東海道本線の大阪・神戸方面に乗り換えるが,通常だと 23:50 の西明石行き普通に接続する。仮にこれを逃してもその後5分で新快速がやって来るから,ここはまだいい。

    問題は大阪駅での環状線外回りへの乗り換えだ。上記東海道本線の大阪駅到着が 23:54,他方環状線外回りは,天王寺行きが 23:55 発で1分しかない。しかもだ,その天王寺行きを逃すと,次が 0:09 発なのだ。なんと約15分も待たされる。そんな次第だから,事情を知っている人は大阪駅の6番線から2番線へと走る(実際しばしば,私も含めて何人か走って乗り換えている)。

    こんなアホな話があろうか。大阪駅は新幹線こそ通っていないが,一応大都市圏の拠点駅だぞ。しかも夜の繁華街だってある。その駅でこの時間帯に15分も間があくとは……。今年3月のダイヤ改正(というか明らかな改悪)で,終電を繰り上げて早めたというのは有名な話だが,これもその影響の一つだ(確か以前は,上記の間にもう一本運行されていたはず。)。

    自社の路線どうしの接続を顧客の視点から考えていない証拠だろう。新幹線で長旅をしてきた者には,乗り換えで走らされるにせよ,呆然と待たされるにせよ,本当にひどい仕打ちとしか言いようがない。JR 西の幹部や従業員は,上記のように乗り換えた経験はないのか? 実際にやってみたまえ。一度ならそうでもないが,毎度毎度だと本当に辛いぞ。

ビジネス・ニュース・クリップ

  • 日経産業 6面: ブログ執筆の理由 「メモ・日記代わり」64% - 第一生命経済研究所調べ 男性・社会に/女性・内輪で
  • 日経産業 1面: 個人制作アニメ デビュー - ソニー系が劇場公開 - 都主導の基金支援
    宇木敦哉の「センコロール」。
  • 日経産業 6面: 電子書籍31%増 - 昨年度市場 PC向け初の減少 - 民間調べ
  • 日経産業 6面: 次世代放送 米と技術協調目指す - NHK、国際規格にらむ
  • 日経産業 1面: [Data Focus] ワンセグは自室で - ワンセグを録画することがあるか
    ネットエイジアによる携帯電話でのワンセグ利用状況調査(世代別)。

見たもの・聴いたもの


この記事に付されたタグ


この記事へのコメント [3件]

※ 新しいものが下に表示されます。 現在コメントは受け付けていません。

柴田真知
Posted on 2009-07-11, 21:09:00 JST

JR東日本だって、褒められた会社じゃないように思う。 競合他社があっても一部地域だけの話だから。 民間企業となれば利益も大切だけれど、もともとは国鉄であり、その国鉄も国の政策としては疑問が多々あったから、「どうせこんなもんだろ」というあきらめがよぎってしまう。

乗り換えで走ったら(階段などもあるだろうし)危険なのに。

関堂幸輔
Posted on 2009-07-20, 10:14:30 JST

確かに,JR東は西よりもライバルがない感じですものね。有名すぎるのは,夜遅くになると中央緩行線と総武緩行線で直通しなくなるのは会社側の都合ということとか。いわゆる「お役所仕事」的ですね。

でもJR西の終電繰り上げっていうのはホントありえないほど馬鹿げた話ですよ。ライフスタイルの変化とかお構いなし。乗客(需要)が少ないからというのかもしれませんが,少ないけれどもその時間帯に電車を必要としている人をどう扱うか,頭ひねって考えてほしい。

関堂幸輔
Posted on 2009-07-20, 10:19:39 JST

そうそう,乗り換えで走るのは危険です。特に大阪駅は必要以上に段差が多いから(永らくの地盤沈下の影響で数段の階段とかもあるし)。でもねぇ…クソ暑い夏とか逆に冬など,15分もホームでボーッと待たされるよりマシですよ。

ま,新大阪からの東海道線が遅れて結局間に合わないっていうパターンと半々ぐらいなんですけどね。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.