Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2009年 11月 13日 (金)

朝,奈良女子大に向かう時にはまだ雨が降っていなかったのに,授業中はずいぶん降っていたようだ。その授業後に今度は本務校の大阪工大に移動する際も雨を免れ,さらに授業とゼミののち夕方暗くなってから帰路に就く時も雨に遭わずに済んだ。幸運な一日(他のことも含めるとそれほど幸いでもなかったけれど)。

ビジネス・ニュース・クリップ

  • 日経産業 4面: [エンタビジネス] 名作アニメ ポップに変身 - 動画協会の投稿サイト 若手発掘 - アトムやバカボン、商品化も 新たなファンを獲得
    作品投稿サイト「オープンポスト」を場として,古い作品が外部の力を借りて再び輝く(レガシー・コンテンツの収益化)と記事は言う。
  • 日経 MJ 7面: 地デジ普及率 目標届かず 9月69% - 簡易型チューナー影薄く - 「TV売りたい」量販は消極的
  • 日経産業 7面: [クラウドが拓く] 新たな法務リスク浮上 - 国外拠点でもデータを保存 漏洩責任の所在不明 - 国際的な議論求める声も
  • 日経産業 3面: MS、携帯配信に参入 - ゲーム「バイオハザード」・漫画「ドラゴンボール」… - 「ウィンドウズ・フォン」向け 一般消費者に訴求 個人のソフト海外進出支援 〈通信事業者と利益争奪 - OSメーカー 独自課金で「中抜き」〉
  • 日経 MJ 6面: 往年の人気ゲーム パックマン名刺入れで復活 - バンプレスト、20~30代男性に的
  • 日経産業 4面: 来場、100万人突破見通し - コンテンツ・フェスタ過去最高に
    見出しでは「コ・フェスタ」。
  • 日経 MJ 7面: BDソフト、1500作品超 - 邦画・アニメ充実、普及加速
  • 日経 MJ 6面: 「キティ」テーマパーク マレーシアで開業へ サンリオ、アジア強化
  • 日経 MJ 4面: 「ひこにゃん」ブラ - 滋賀の繊維協組が発売 産地復活へ「盛り返し」
  • 日経 MJ 7面: 携帯冬モデル出そろう コンテンツ販売 大画面で促進 - ゲーム機並み4インチも - 通信料は伸び悩み
  • 日経 MJ 1面: 大丸心斎橋「北館」あす開業 Jフロント流 新モデルに挑戦 - 4万平方メートルに社員90人 - 奥田改革の集大成 試される変化対応力 〈取引先の賃料負担軽減 旬の27ブランド誘致〉

見たもの・聴いたもの

  • The Best of ShakatakShakatak CD: Universal / UICY-6027)
  • Your Song : Disc 1 ― V.A. CD: Universal / UDCP-313)
  • ノブナガ 毎日放送, 24:59~25:59)
    制作局で7月に放送済みのコンテンツをこのタイミングで放送するというのは如何。デジタル方式になっても地域ごとの枠を維持しようとするテレビ放送っていろんな意味で終わっているよな。

この記事に付されたタグ


この記事へのコメント [2件]

※ 新しいものが下に表示されます。 現在コメントは受け付けていません。

ネモッチ
Posted on 2009-11-14, 23:59:21 JST

「ノブナガ」はこの夏新潟へ旅行したときに観ました。「ごはんリレー」が面白かったです。TBSはプライドが高く地方局の番組を放送したがりませんね。ようやく鶴瓶さんの「スジナシ」(CBC)を深夜3時台ながら放送するようになりましたが・・・。

しかし「タモリ倶楽部」といい「ノブナガ」といい、大阪の他地区制作番組の冷遇も酷いものですね。昔「パペポTV」や「ナイトスクープ」を東京で流していたときだって、1週間、最悪でも1ヶ月遅れで済んでいたのに。結局東名阪でのつまんない意地の張り合いに巻き込まれ視聴者が損をしてしまうのか・・・。

関堂幸輔
Posted on 2009-11-15, 20:38:15 JST

いや本当に,Twitter でもこの件について発言しているのだけれど,地域ごとに地上波放送を区切るのはもはや愚の骨頂にすぎないのですよ。しかしいまだにその態勢が崩れないのは,そうすることでキー局も地方局もおいしかったワケで……。そろそろそのおいしさが減退してきた今こそ,見直すべきなんですけどね。

「ごはんリレー」なんて,大阪で放送見てから CBC のブログとか見ると,あまりにも日が開きすぎていて呆れます。そのこと,そういうふうに見ている視聴者がいるということを放送局はわかっていないのかしら。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.