Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2009年 11月 19日 (木)

授業などで学生に,最近のウェブ・コンテンツ・サービスとして TwitterTumblr を紹介することが多くなってきた。Tumblr は,実は 私もアカウントを持っていて使っている のだが,ブログや Twitter との棲み分けが下手なのか,なんとなく持て余しているのが実際だ。そんな中でたまたま先日,Tumblr で面白い出来事があったので,メモがてら書き留めておこう。

ご贔屓の方にはご存知のように,このブログの 11月 12日付記事 で以下のようなことを書いた。

学生の大半が,“Twitter” のことを知らないし「ミニブログ」や「マイクロブログ」と言っても理解できないのに,「ミクシィ・ボイスの元ネタ」というとほとんど瞬時に理解するのに少々驚く。

これは文字どおり,普段の授業やゼミの中で学生とやりとりしている際のことをそれとなく綴っただけの内容だ。しかしこれを投稿して程なく,shiraist こと 末廣恒夫さんがこれを ご自身の Tumblr掲載したのだ(この段階でまだ私は,自分の書いたものが転載されていたことは気づかなかった)。そしてそれが,tsuda こと 津田大介さんの Tumblr によって Reblog(リブログ)されて,それがさらに次々と他のユーザーによって Reblog されて瞬く間に広まっていったらしい(私が気づいたのは元の記事を投稿した翌日,ブログへのアクセス数が急に増えていたため)。

この ReblogTwitter での ReTweet は,要するに他人の供した情報を自分がさらに投稿(転載)することなのだが,Tumblr にしろ Twitter にしろ,それぞれ “Dashboard” および “Timeline” という概念,そしていずれも follow という仕組みを持っていること,すなわち,最初に表示されるこれらのページにおいては自分自身および自分の follow しているユーザーの発言・記事が時系列に表示される(ユーザーごとに表示される内容は変わる)というところがまた,ReblogReTweet の面白さを際立たせている,と私は思う。

つまりだ――私のブログの記事は当該ブログをよく読んでいる人しか目にしないだろう。しかし,これが shiraisttsuda の両氏の Tumblr に掲載されることで,彼らを follow しているユーザーが当該記事を目にする。そしてそれを「面白い」などと感じたユーザーが次々に Reblog して,さらにこれを目にする人は増えていく,というわけだ。

ところで,Tumblr にはユーザーごとに “Tumblarity” という値がある。どうやらこれはそのユーザーの Tumblr の価値や重要性を表す数値のようで,follower や投稿数,そして自分の記事への Reblog が増えていくことでこの値も増すらしい。shiraist 氏の Tumblarity がいかほどか私は知る由もないが(もっとも,氏は常日頃からブログや Twitter と同様,Tumblr も積極的に使いこなしておられ――持て余している私とは大違い――,その点でももともと値は高いのだろうけど),私自身の Tumblarity が低いままであることにつき,正直 shiraist 氏を恨めしいと思う瞬間があった。けだし,元々私が書いた文章なのだから私が得て然るべき数値があるはずだと思ったのだ。

しかしそんなつまらない考えなどすぐに吹き飛んだ。むしろこれが面白いんじゃないか!と。もともと私は自分のブログを CC ライセンスで提供しているのだし,また Tumblr に転載された記事にはちゃんと出典としての私のブログ記事へのリンクもある。そして何より,私の何気ない一言が多くの人の目に触れ,少なからず興味を持ってくれてその反応を示してくれるその様子が,ほとんどリアルタイムに臨場感を持って感じられ,むしろ私は少々興奮すらした。従来のメディアでは考えられないような情報の伝播だ。

同時に,上記のつまらない考え,すなわち私にも何らかの利益・価値がもたらされて然るべきという考えから脱しない以上は,この興奮は味わえないだろうとも思った。しかしてその「考え」こそは著作権にほかならない,とも。私が今般の件で shiraist 氏に著作権侵害責任を問うことは可能かもしれない(実際,私が CC を掲げつつそんな争訟でもしたらそれこそ禁反言だろうけど)。しかしもしそうしていたら,あの一言は 200人またはそれ以上の人々の目に触れることもなかったのかもしれないのだ(この数字の根拠は,当該記事の note,すなわち ReblogLike の数値が 2009-11-19T18:00:53+09:00 の時点で 192 であったゆえ)。

誤解しないでいただきたいが,何も著作権行使を馬鹿げたことだと言っているのではない。ただ,こういう面白さ,興奮させる何かというのも,その裏腹にあるのだということ。情報発信とその手段が万人の手にするものとなった今だからこそ,この興奮を是非味わって理解してほしいし,その上で創作表現の保護の在り方を考えるのは,決して奇妙奇天烈なことではないはずだ。

ビジネス・ニュース・クリップ

  • 日経産業 3面: [クラウドが拓く] グーグル、クラウド攻勢 - 日本市場開拓を加速 リコーと販売代理店契約 〈グーグル企業向け担当に聞く 日本で今年売上高倍増〉
  • 日経産業 7面: ネットで描く絵ゲームに - フィジオス、新サイト 誰でも制作・公開OK - 課金・携帯配信も
  • 日経産業 1面: 提携先販促に独自CD - ユニバーサル まず外食チェーンと
  • 日経産業 7面: あぁ懐かし昭和の雑誌付録 - 講談社が復刻 - 「少女クラブ」別冊/「少年倶楽部」模型
  • 日経産業 7面: モバイルファクトリー 「顔ちぇき!」など買収 - ジェイマジックから SNS用に改良

見たもの・聴いたもの

  • Casanova LoungeV.A. OnlineDigital Tunes: Diventa Recordings / DVM019)
  • Compost 100V.A. CD: Compost Records / Compost 100-2)
  • Techno BibleYellow Magic Orchestra CD: Alfa Records / ALCA-371~74, H12-19: Discs 1 & 2)
  • Joe's XMasageFrank Zappa CD: MSI: VAULTernative / VR 20051)

この記事に付されたタグ


この記事へのコメント [1件]

※ 現在コメントは受け付けていません。

関堂幸輔
Posted on 2009-11-20, 00:00:23 JST

ちょうど今『コンテンツ知的財産論』(仮題)という書籍を執筆しているので,こういう内容も盛り込みたいと思っています。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.