Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2010年 1月 8日 (金)

本務校大阪工大の知的財産学部では金曜の授業が早くも今日で終講となるので,“コンテンツ知的財産論” の試験を行う。3年生後期の割り当てともなるともうほとんど学生も卒業要件単位を満たし,また就職活動との関係もあって,受講生はほとんど来ていない授業だった。学生が来ないのは一向に構わないが,その上自分でも勉強したり考えることもなく,ただ試験を受けに来るだけという者の多さに閉口し,そのような者の答案を大量に読まなければならないことを想像して少々憂鬱になる。

ほぼ全開講期間に渡って出席していたのは4,5名,今日の試験を受けたのが40名,しかして履修登録者は152名というのが,今の学部の実態だ。今期のこの科目では,私は “ソーシャルネット” や “ソーシャルメディア” を前面に押し出し,我ながらそれなりに面白い授業を展開したつもりだが,世の学生諸君には興味がないらしい。いつだったか,ある大学で非常勤講師をしていた方が学生に対して怒り,ネット上で挑戦状を叩きつけたという件が取り沙汰されていたのを私も見聞きしたが,それが極端な例ではないことが上記からも察せられるのではないか。嗚呼胸くそ悪い。

サイトの更新情報

ビジネス・ニュース・クリップ

  • 日経産業 4面: [エンタビジネス] ネット動画配信 手探りの放送局 - 値下げや独自コンテンツ 〈投稿サイトの利用浸透 有料視聴に抵抗感強く〉
    今般 NHK が “紅白歌合戦” を初めてオンデマンドで配信した背景には,ジャニーズ事務所が従来の方針を転換して配信を認めたため,と言う。「NHKが看板の大河ドラマなどでジャニーズの俳優を使えないことを覚悟しても、動画配信を強化しようとした姿勢が、同事務所を動かしたのは間違いないようだ」と。
  • 日経産業 3面: 米家電見本市が開幕 3Dコンテンツ拡充急ぐ - ソニーやサムスン、放送・映画と相次ぎ提携 TV販売後押し狙う - 東芝など3DTV投入へ 市場争奪の主戦場に 〈液晶・プラズマに加えて… 「LED」第3のTVに - サムスン・LGが攻勢〉 〈世界最大152インチ3DTV パナソニック、日米欧で今秋発売〉
  • 日経産業 4面: 愛媛県がネット放送局 - ユーチューブ使い魅力発信
  • 日経産業 19面: 企業のリスク対策、何を優先? 「情報漏洩」が最多 - 民間調査
  • 日経 MJ 2面: 石鍋仁美のマーケティングの「非・常識」 新書から読み解く「下り坂」消費 - 「参加」と「帰属」がカギ

見たもの・聴いたもの

  • Re: Through Friendly WatersKettel CD: Ultra-Vybe: Timothyreally / TIMO-0005)
  • Problem/SolvingKiloWatts OnlinePsymbolic Sounds: Artificial Music Machine / AMM0006-2)
  • Déjalo Así BruBrunetto OnlineDigital Tunes: Freelastica Recordings / KWCD059)
  • Living Some Dreams Edition 2V.A. OnlineDigital Tunes: Mole Listening Pearls / MOLEX014I4)
  • Neu JazzV.A. OnlineDigital Tunes: Sonar Kollektiv / SK174CD)
  • BS 世界のドキュメンタリー: ソウル・ディープ ―第5回:ファンク革命 NHK BS1, 21:10~22:00)

この記事に付されたタグ


この記事へのコメント [2件]

※ 新しいものが下に表示されます。 現在コメントは受け付けていません。

関堂幸輔
Posted on 2010-01-08, 23:34:29 JST

ちょっと補足。

今日ウェブで公開した試験問題や一連の講義ノートをご覧になって,「へぇ,こんな面白そうなことやっているんだ」と思われる一般の方も少なくないはず。実際,Twitter では試験問題についてかなり積極的なコメントもいくつかいただいている。

そ・れ・な・の・に・というのが今日の日記の趣旨。もうね,今どきの学生さんには興味とか知的好奇心はないんかなと思いますよ(笑)。そんな世の中に誰がした,と。昔の漫才ではないけれど,「責任者出てこい」と言いたいよ。

りんちゃん
Posted on 2010-01-14, 23:49:16 JST

先生の講義を受講している学生です。 たぶんそれは、自分がmixiなどを利用していても、単に絡まれたくないからだと思います。 僕か知っている例だと、「朝にすれ違って、こちらから挨拶をしても目もくれない」とか、「講義室で堂々とマンガ週刊誌を読んでいる奴がいたので[何読んでんだ?]と気楽に話しかけたらシカトされる」とか。後者については、まだ相手と自分しか室内にいない上で、思いっきり目の前で話しかけてるのにありえないでしょう。 結局、コミュニケーションを極端にとりたがらない若者が多いということではないでしょうか? もしかしたら、若者に限ったことではないかもしれませんが。 そうそう、「先生に講義中にあてられても、黙ってうつむいて、蠅を払う素振りをする学生」もいました。             


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.