Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2010年 5月 27日 (木)

Twitter Log

  • 02:15 明日(もう今日)7時,遅くとも7時半には起きたいのだけれどまだ起きている。
  • 02:22 タイムラインによれば,みんな案外夜更かししているんだなぁ…。
  • 02:37 もういい加減寝よう。今日(もう昨日)だって昼間ずいぶん眠たかったのに(Twitter での発言による),このままだと明日以降に支障が出そうだよ。
  • 02:39 Seesmic Desktop 2 なんだが,やはり文字入力がちょっと変だ。連文節変換をして先頭だけ確定したあと,それに続く部分の変換がおかしくなる。これは Seesimic というよりも Silverlight に由来するものかな?
  • 02:42 @ling335 もともと夜型人間ではあるんですけどね。しかしながら授業があるもんで,昼夜逆転というわけにもいかず。昔,院生の頃なんかは完全に夜型生活していたなぁ…。
  • 02:45 . @sophizm 挨拶でどう言っていいのか微妙な判断が求められる場面では,僕はしばしば「ごめんください」を使うよ。目上の人と別れるときとかにも。
  • 02:48 ちなみに…僕は挨拶だけの Tweet ってあまりしないようにしています。誕生祝いとかも。どちらも心の中で謹んでしています(笑)。無礼だと感じたらすみませんね,フォロワーのみなさん。
  • 02:49 . @sophizm 方言かもしれないけど,「ご無礼します」っていうのもある,別れ際に。よく使われる「お疲れさま」「ご苦労さま」は本来目下の者に言う言葉だと以前聞いて,なるべく使わないようにしています。
  • 08:28 #ohayo 今朝は起きるのがツラかったなー…。本当は7時ぐらいに起きたかったが,7:45 頃まで二度寝・三度寝していた。
  • 09:46 #tielog 廉価ネクタイ・シリーズ。宇宙人のような図柄が入っている。 twitpic.com/1rdxxj
  • 10:26 . @takakitay 高北先生といえばハットもオシャレですよね。あれはログを取るほどたくさんあるのかしら?
  • 10:37 @kappachi おっしゃるとおり,疲れが溜まっているにもかかわらず昨夜飲んで帰宅して,そのうえ夜更かしでした。
  • 11:38 Listened ♫ Novak – Fresh bit.ly/d2lH33 #lastfm
  • 12:41 @hayatake007 この人誰だっけ?と思ったら貴兄か(笑)。
  • 14:10 @05keenji09 薩摩っこってウチの近所にも店があって興味はあるんだけど未体験。どんな感じでせう?
  • 14:18 . @05keenji09 ほほー…ニンニクは好きなので一度行ってみます,薩摩っこ。ただウチは家人がラーメンNGなので,単独のときでないとなぁ。
  • 14:38 Listened ♫ Cerrone – Sweet Drums bit.ly/aRbj4A #lastfm
  • 14:43 来月の宿泊の予約をしているのだけれど,自分でもこんがらがりそうな日程・行程だ。
  • 14:58 仕事がらみで東京に行くとお会いしたい人が大勢いるんだけれどなぁ。もっと時間があればいいのに。
  • 14:59 授業を落とせないので,東京泊→いったん大阪に戻る→また東京泊ということがよくある。面倒臭い。
  • 15:01 でも @ZuQ9Nn がアイコンを萌えキャラにした動機は,リアルで人に知られたくなくなったからだろう?
  • 15:02 そういや @ZuQ9Nn さんよ,ずいぶん前のアヒルのオフで僕が撮った写真に貴兄が写っているんだけれど,いいの?(笑)
  • 15:06 なんか, @ZuQ9Nn は似顔絵アイコンでなくなってから強気になったような気がするな(笑)。
  • 15:08 @miki7500 さんざん僕が当時の晩につぶやいていましたやんか(笑)。
  • 15:08 電源を確保すべくマクドナルドなんだけれど,隣席で中学生が地理の勉強をしている。
  • 15:10 やっぱ今でも地図帳は「帝国書院」なんだねー。
  • 15:12 そのうち,小中学校の授業で使う地図は iPad で Google Map とかになっちゃうのかなー…。
  • 15:14 あっ,Seesmic Desktop 2 で僕自身のプロフィールを見ると,Tweets (updates) の数がゼロになっている!
  • 15:15 公式ウェブでは正常値が表示されるところをみると,Seesmic のバグなんだろう。
  • 15:16 それもそうでしょうね。そこでどこまでインタラクティヴというか,再利用可能性の高いものにしてくれるかを期待。 RT @htoym: 帝国書院版の、電子教科書用コンテンツとしての地図帳が出るでしょう。学習用の地図帳は、単に地図だけではなく、各種の統計資料などふくんでますから。
  • 15:18 最近の自分の授業でもことごとく言っているけど,電子書籍・電子出版は単に紙で見ることのできたものを電子のディスプレイで表示できるというのではダメだ。音声読み上げができるとか,全文検索ができるとか,複製・加工に限らない再利用可能性を高めないと意味はない。
  • 15:19 そういう点で見ると,HTMLとかマークアップ言語の説明で「文書の構造をコンピューターに理解させる」というのがものすごくしっくり来るんだよな。
  • 15:20 ところで,高校や大学のコンピューター系の授業で,いまだに「文字を大きくするのは h1 タグ,文字を太くするには b タグ,行頭を下げるには blockquote タグを使いましょう」とかやっている阿呆なところってあるの?
  • 15:22 まあ僕に HTML が文書構造を示すもので,そのうえで CSS を使うことを認識させてくれたのは,ブラウザー Opera なんだけれどねー。
  • 15:23 @miki7500 まぁ,かなーり大ざっぱにいうとウチ(自宅)もあの並びですし(笑)。
  • 15:24 そろそろ移動しよう。
  • 16:46 学部内の勉強会に出ている。今日は,杉山講師による「特許情報内容分析におけるオープンソース活用について」という報告。
  • 16:49 I'm at 大阪工業大学 (旭区中宮5-16-1, 大阪市). 4sq.com/9OClN9
  • 17:18 タイムラインが「眠い」でいっぱい(笑)。僕も,勉強会にいながら眠いと言わざるべからず……。司会だからダメだけど。
  • 17:40 Listened ♫ Eivissa Progressive – Keep On Dancin bit.ly/bxvfX1 #lastfm
  • 18:03 勉強会の報告自体は中継(tsudaり)できなかったけど,報告を聴いてレジメを見て思ったことをつぶやいてみることにする,今から。
  • 18:05 タグつけとくか。 #oitipstaff_study
  • 18:05 (オープンソースって部分的にはブラックボックスなの?) #oitipstaff_study
  • 18:06 (僕の理解では,ブラックボックス・システムだからこそSE企業が開発を請け負い,その顧客の求めに応じてシステムをその都度作るというモデルができていて,それが儲ける仕組みになっていると思う。OSSになるとそのビジネス・モデルが崩れるのでは?) #oitipstaff_study
  • 18:07 (OSSのネガティヴ・ファクターはないか?レジメの「今後の課題」では「マッピングの精度向上」とかあるけど。) #oitipstaff_study
  • 18:08 (OSSってツールの組み合わせなの?ツール自体がOSSなの?報告されているシステムがわからん。) #oitipstaff_study
  • 18:09 (例えば,通販サイトのような「この商品の購入者はこれも購入」みたいなのはできないのかな?「この発明の出願をしている人はこれも出願しています」みたいに(笑)。) #oitipstaff_study
  • 18:09 (辞書データやキーワード・データなんかクラウドにしてどんどん自由に誰でも追加とかできないのかな?) #oitipstaff_study
  • 18:12 (システムというかプログラム自体がオープンでも,それを使う人が閉じている可能性はあるな。この点他の参加者も指摘。ソーシャルネットみたいな感じで特許情報分析ってできないのかな?) #oitipstaff_study
  • 18:14 って僕が司会者だということを半ば忘れていた(笑)。 #oitipstaff_study
  • 18:16 (商標はもっと先行調査が大変だと聞いたことがある。単語の分布の分析となると,むしろ商標で有用じゃない?) #oitipstaff_study
  • 19:06 勉強会を終えて備品で届いた USB マイクを試してみたがやはりノイズが多い。これは HP のマシンのサウンドカードがタコなんだろうなー。
  • 19:07 もういいや。帰ろう。
  • 19:31 バス停まで走った。暑い(;´д`)
  • 19:36 「つぎとまります」を俺以外の人が押したのに俺以外誰もバスを降りない。不思議!
  • 20:40 Listened ♫ Eivissa Progressive – Seaside bit.ly/cT7DCg #lastfm
  • 21:46 久しぶりに “カルミナ・ブラーナ” を聴いている。
  • 21:50 @minna_nikkei 僕が持っているのは小沢征爾&BPOのフィリップス盤です。あの当時,TV-CMで一部使われたりして流行ったんですよねー。
  • 21:51 そういえば “カルミナ・ブラーナ” はオーケストラのスコアも持っている。
  • 21:52 全音符の倍の倍音符の実際の使用例を見たのは “カルミナ・ブラーナ” だった…はず。
  • 21:56 @miki7500 まあ「並び」とは言っても数キロ離れていますけどね(笑)。でも道一本ですから。
  • 21:58 @sugimoton なるほど,ちゃんと論理的な説明をなさっている方もいるんですね。他方レガシーなのもまだある,と。でも今日日の高校生あたりなら,自分達でちゃんと調べて自己フォローとかするのもいそうですね。
  • 21:59 . @tabiazarasi 最近評判いいんっすよ,The Stylistics 唄うと(笑)。
  • 22:05 @m_dattyan たぶん間違えて押しちゃったんでしょうね「つぎとまります」。おそらくその人は僕が降りたことでホッとしていたでしょう。
  • 22:09 家人がゆうべの “デスパレートの妻たち” を見逃してしまったらしく,NHK オンデマンドを利用しようかと本気で考えているらしい。
  • 22:13 アレですかい,アタマの中が140字になっちまう古文のセンセイのドラマですかい?
  • 22:16 でもよく考えたら,ありとあらゆる発言を140字程度にするって案外大変だよね。実際,自分の Tweets も100字に満たないものもあれば140字ギリギリのこともあって一様ではない。もしくだんのドラマの「140字」発言が「なんでも140字」の意だとしたらそれはそれで凄いな。
  • 22:34 . @minna_nikkei 本来ならドイツ語の Berliner Philharmoniker で「BP」でもよかったんですが…慣例に従い「BPO」と書いちゃいました。「放送人権ナントカ」も BPO か…。
  • 22:48 バンド・ピープル!中高と吹奏楽部員だったので部室で見た覚えがある…懐かしい。 RT @minna_nikkei: ……そういや昔「バンドピープル」という雑誌のことをBPと書いていましたね。って知ってる人少ないか。
  • 22:51 @kenbor はて,どの Tweet でしょう?
  • 22:55 Richard Strauss の曲って改めて聴くと弦楽が絡み合うようなところとかいいよなー…。
  • 23:01 @kenbor そうでした。条約義務履行の関係でしたか,聴覚的実演の保護が厚いので92条の2第2項1号には「録音」がないんでしたね。僕もうっかりスルーしていた。次回訂正します。ありがとうございます。 #contents_ip
  • 23:06 @associee “メタモルフォーゼン” は音源持っていなかったかな? 僕が好きなのは “薔薇の騎士組曲” です。オペラ全曲聴くのがヘヴィなときは特に組曲で済ます(笑)。マゼールのバイエルン放送響で持っています(“ツァラトゥストラ” も収録されている)。
  • 23:08 僕はマゼールの指揮は好きだよ。エキセントリックに捉えられるかもしれないけれど。チャイコフスキーの “悲愴” はみんなカラヤンって言うけど,僕は絶対マゼール(特に旧録音)。
  • 23:10 そういえばマゼールが “ニューイヤー” 振ったときって何だっけ?何か前年に事件か事故があって,ラストの “ラデツキー” を演奏しなかったんだよね。
  • 23:14 @associee カルロス・クライバーの?アレいいよオススメ!(持っていないけど)(笑)。しかも歌手陣忘れている!(´д`) とにかく,前奏曲の冒頭で,クライバーが客席へのお辞儀もそこそこに振り向きざまタクト振り始めて演奏がスタートするのがかっこいいの。
  • 23:16 僕の行っていた大学では,2年次に「教養演習」っていうゼミがあって,ドイツ語取っていた僕は「ドイツ・オペラをレーザーディスクで鑑賞する」というゼミに入った。楽しかった。レーザーディスクってのが時代を感じさせるけど(笑)。
  • 23:41 Listened ♫ Carl Orff – Carmina Burana bit.ly/9yf5iB #lastfm
  • 00:06 Wen du einmal verletzt hast, der vergisst dich nie. : 一度傷つけた人からは決して忘れられることはない。

見たもの・聴いたもの


この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.