Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2010年 8月 26日 (木)

Twitter Log

  • 11:14 @andi2s なんかゆうべから面白いネタで盛り上がっているな(笑)。まあ僕もまともな商売人には見えないらしいんだけど。
  • 11:20 @pirokichi 「わかる」って何が? @andi2s がただものではないってことを?(笑)
  • 13:10 @march_hare3 いやいや…単に「ビジネス・パーソン」という意味です。商売人。
  • 13:11 @andi2s 「夜遊びが過ぎる」のは十分「普通」でないと思う(笑)。
  • 13:14 @sudoko Windows ですか? 僕は xyzzy 使っています。エディター。
  • 13:20 あのねー…試験の答案の自由記述欄に「また先生とお会いしたい」と書いてくれるのはありがたいんだけれど,非常勤で行っているところではもう二度と会う機会もないだろうし,そちらの連絡先とかでもない限りこっちからアクセスできないワケだから,それは社交辞令と断ぜざるを得ないんだよね。
  • 13:37 珈琲の場合はエスプレッソというと豆を深く煎りますからカフェインがそれだけ抜けてしまうんですが,紅茶はどうなんでしょ? RT @Nagai_Kan: 眠い!! こいつで目覚まし!!効くのかなー? twitpic.com/2i89l2
  • 13:38 案外誤解されている点なんだが,苦みの強い珈琲よりも酸味の強い珈琲のほうがカフェインが多く,眠気覚ましに向いている。イメージは逆かもしれないけど。
  • 13:40 @von_Fluegel あーそうだったねー名刺。僕もすっかり忘れていたわ(笑)。
  • 13:44 僕も好みは苦いほうです。ただ,深煎りするならあまり高い豆を使うのはもったいないんですよね。コロムビア・スプレモあたりが僕は好き。 RT @Hideo_Ogura: しかし、個人的には、苦みが強く、酸味の弱い珈琲が好きなのだ。
  • 13:47 高校時代からよく喫茶店に出入りしていたので珈琲は好きだったんだけど,やはり学部生時代に埼玉の飯能にあった珈琲屋さんで勉強させてもらったのが大きいなぁ。「何必(かひつ)」という自家焙煎のお店。…今はウェブもある(笑)。 bit.ly/d7lF8M
  • 13:50 高校時代の喫茶店で思い出したんだけれど,札幌にあったジャズ喫茶「Bossa」ってもうない? 五番街ビルに看板が出ていなかったような……。かつてはその五番街ビルの別階にタワーレコード(開封時に独特の匂いがする本物の輸入盤を扱っていた)もあって,よかったんだけどなー。
  • 13:57 おーありがとうございます!今度帰省したら行ってみよう。ちなみに僕が高校生の頃はそこのスピーカーは JBL パラゴンでした。 RT @chkaz: bossa、あります。サイトも。 bit.ly/9YCaU2
  • 16:13 Listened ♫ Frank Zappa – Approximate bit.ly/c6QI6O #lastfm
  • 16:24 さっきから突っ込もうと思ってたんだが,“ビアガーデン” じゃなくて “ビアホール” なんだがね… RT @ZuQ9Nn: ひょっとして、他の人も、需要があるのかな?メイドビアガーデンに行きたい方、日程調整お願いします。
  • 17:18 I'm at Milk Cafe (浪速区日本橋5丁目18-21, 大阪市). 4sq.com/aV06T5
  • 17:20 @pirokichi 今から難波に来る? by @andi2s
  • 18:31 メイド・カフェの梯子ってのは初めてしたな。
  • 18:50 @ZuQ9Nn だからぁ…そういう愛想のない返事をするからチャンスを逃すんだよっ!
  • 19:22 I'm at レアルタ (2-5-17, 中央区 南船場, 大阪市). 4sq.com/cn5nBL
  • 00:06 センセェって??俺? RT @march_hare3: 夕方からセンセェの姿が見えない。。。。珍獣使いに失敗したかなw
  • 00:11 まだ @andi2s と飲んでます。
  • 00:19 @ZuQ9Nn そう, @andi2s はツンデレだもんね(笑)。
  • 00:47 @andi2s @march_hare3 無事帰宅(笑)。

ビジネス・ニュース・クリップ

  • 日経産業 7面: [広告戦略] ゼネコンへの意見、ツイッターで - 清水建、未来の建設語る
  • 日経産業 9面: 図書印刷 電子書籍の出版支援 - 企画・データ制作・販促まで

見たもの・聴いたもの


この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.