Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2010年 11月 4日 (木)

Twitter Log

  • TieLog 2010-11-04
  • 08:38 #ohayo 久しぶりにおにぎりもこしらえたし,今朝は珍しく朝にヒゲを剃った。肌が弱くカミソリ負けすることもあって普段は前夜の入浴中に剃るのだが,昨日はジムで風呂を済ませてしまったので。
  • 09:55 #tielog ドラえもんがタイムマシンに乗っているワンポイント柄。 twitpic.com/33opuo
  • 10:56 携帯電話で撮影したのでしょうけどきれいな写真ですね。 RT @m_hisae: 晴天のした、ちょっこり雪帽子かぶった富士山 twitpic.com/33p13j
  • 14:05 I'm at 大阪市営地下鉄 千林大宮駅 (旭区森小路2-6, 大阪市). 4sq.com/5GZy2x
  • 14:34 I'm at 大阪工業大学 大宮学舎 (旭区大宮5-16-1, 大阪市). 4sq.com/9OClN9
  • 16:44 会議室が寒いね。
  • 19:19 僕も苦手。ハンバーグにパイナップルとか野菜サラダにミカンも。 RT @shinoi: メインのお肉料理にオレンジソースとか、生ハムにメロンやイチジクも苦手だったりします(>_<")
  • 19:20 あとその流れで書くと「スイカに塩」も要らないというか嫌いなんだが,これは賛同を得られないことが多い。
  • 21:13 さて,断片的になるけど例のマジコン規制関連法改正動向 #magicom 行ってみようか。
  • 21:18 #magicom まず押さえておきたい点。知的財産権や不競法上の事業者の利益のような私法上の権利利益に対する行為について罰則をどうするかは,極端な話をすればもっぱら政策だ。
  • 21:23 #magicom 単に私人の財産を害するに過ぎない行為であっても,それが蔓延することは社会全体として是認できないとか,公益にも関わるという点から,犯罪とされそれに刑罰が科せられることはある。しかしあまりに国家権力による規制を厳しくすると自由な経済活動を妨げてしまう。
  • 21:26 #magicom 不競法を含めた知的財産法の中で,先述の「罰則は政策による」というのが最もよくわかる例の一つが,不競法2条1項2号所定の行為に対する罰則としての同法21条2項2号だ(ただし「図利加害」の加重要件あり)。
  • 21:33 #magicom 現行の不競法21条2項2号に該当する条項は平成17年改正前はなかった。同じ「表示」に関する行為でも2条1項1号所定行為は「混同」を要件としているので公益に関わるゆえ罰則がある(現21条2項1号が該当)。
  • 21:33 #magicom だが2条1項2号の行為はもっぱらブランド・イメージ等の信用を保護法益とし,公益に関わるものではないから,というのが理由だった。
  • 21:37 #magicom しかしながら,国の知的財産推進計画における「偽ブランド品対策」を背景に,2条1項2号行為についても罰則を設けるべしということになったわけだ。
  • 21:38 #magicom まさしく政策によって罰則の対象となる行為が追加されたということだ(これは2条1項3号行為についての罰則創設や今般の営業秘密関係の罰則強化も同じ趣旨だろう)。
  • 21:39 今日はこれぐらいにしておこうかな。結局イントロのさらに序の部分みたいになってしまってまだマジコンの「マ」の字も出てこない(笑)。
  • 21:45 あ,コンセントに PC の AC 電源プラグ入れないで充電池で使っていた。今さら気づいた。阿呆だ。
  • 22:04 母親譲りで手足が温かいんだよ俺。失業したらインチキ気功師にでもなろうかな。
  • 22:06 しかし60代半ばを過ぎても僕より手が温かいんだからウチのオフクロ凄いよなー。
  • 22:09 あ,そうそう,さっきペプシ・モンブランを初めて飲みました。僕は大丈夫。
  • 22:47 @hayatake007 おや?走りでもするの?
  • 23:41 ツイッターさん調子悪そうだね。僕は元気です。

ビジネス・ニュース・クリップ

  • 日経産業 5面: 米ブライトコーブ 動画配信ソフト日本を本格開拓 - 自営業や中小向け クラウドで

見たもの・聴いたもの


この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.