Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2011年 3月 12日

今日の Twitter から

  • 10:18 さすがのテレビ東京系まで地震報道か(電子番組表では当初アニメが表示されたのに)。こういうときだからこそ,横並びで地震報道ばかりでなく他のコンテンツを見たいと思うのは不謹慎ですかね?
  • 10:21 フジテレビなど,地上波のみならず CS/CATV チャンネルのフジテレビ Two まで地上波と同内容になっている。後者しか受信できない環境があるならともかく,そうでないなら合理的とは思えない。しかし安藤優子氏,まだ出てる……寝ていないの?まさかね。
  • 10:37 地デジって,一つの局で複数の放送ができるんでしょ。以前 NHK 教育がその「3」だけ別番組流していたのを見たことがあるもの。こういうときこそその本領を発揮すればいいのに。そうすれば「なるほど地デジ完全移行合理的」とちょっとは思えたのに。
  • 11:44 これ以降 “自粛ムード” が蔓延することを僕は厭う。だからあえて呑気な顔のアイコンに変える。これはもともとこの週末限定で予定していたことでもあって,それを実行しないことこそ “自粛” になると判断したからだ。
  • 11:50 ここはあえて明るく行こうヨ! 「(笑)」とか「w」 とかも使って行こう。 RT @pirokichi: あえて空気よまなかったら、ボクも叱られるのかな・・・
  • 11:55 タイムラインが,RT やそれを促すものばかりだったり,シリアスな内容ばかりで埋め尽くされたりするのは偲びない。もっと多様なものであっていいはずだ。団結や励まし合いも大切,でもそれ以外を排除することこそやめよう。
  • 11:56 そうやって萎縮させ,また萎縮することこそ恐ろしい。 RT @pirokichi: @sekikos 昨夜、空気よまないつぶやきを、個別に叱ってる人(ちょっと知り合い)がいて、びびって逃亡しました。けどもう1日たったし・・・そんなに速報は、と。
  • 12:03 そういえば,本来だったら大相撲の春場所も開かれていたはずの時期なんだな。それがまた今般地震の被害をほとんど受けなかった大阪というのも趣深い。もし場所が開かれていたら,地震で中止していただろうか? むしろ被災者にもそれを楽しみにしていた人がいたら,続けることも大事だったろう。
  • 12:07 もうし遅れましたが,このアイコンは札幌テレビ塔のゆるキャラ “テレビ父さん” です。実家がテレビ塔にほど近い俺様は,テレビ父さんをこよなく愛しています。
  • 12:09 さっき NHK のをちらと見たけど,iPad でもちゃんと視聴できてすこぶる便利。やればできるじゃん,て思った。 RT @pirokichi: TVのUST放送がすさまじく便利な気がー
  • 12:35 フォロワーが数万人を超える著名人に対して名指しで ReTweet を依頼する発言をし,それが叶わないと薄情だと非難する……それこそ失礼で身勝手だと思うヨ。
  • 12:51 【豆知識】 Twitter のウェブでの各ユーザーのプロフィール・ページでは「その人がする ReTweet を自分のタイムラインに表示する/しない」の設定ができるヨ。Follow/Unfollow ボタンの右隣二つ目のがそれだ。
  • 20:53 こういうときだからこその意味を込めて呑気な顔のアイコンに変えています。僕ができるのは明るく振る舞うことだ,と。
  • 21:51 無事に夕食を仕った。普段であれば楽しい発言を繰り広げているみなさんが,萎縮して息を潜めているかと思うとかえってそれが辛いよネ。
  • 23:02 関西方面への省電力の呼びかけがチェーン・メールとなっているようだ。僕には全然その旨のメールは来ない(ツイッターのタイムライン上では溢れているけど)が,家人には山ほどメールが来ているようでウンザリしている。
  • 23:07 http://bit.ly/hCiaHW 今朝のこの発言はちょっと間違えたかなと正直思う。地上波,特にデジタルになると何かの拍子にそれが視聴できない状態は確かにありそう。そうなると CS 受信できる人はそちらが頼りになるものね。
  • 23:15 一定の情報で溢れていたタイムラインが,今度はその真偽を疑う発言によってだんだん埋まってきている。疑心暗鬼になるかもしれないが,呑気な話題も増えていくといいね。

この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.