Twitterでつぶやき

これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


2011年 5月 16日 (月)

今日の Twitter から

  • 00:21 出た!試合に勝っていない人がインタビューされる不思議なビーチバレーの世界(笑)。というかいい加減勝利者にインタビューしてやれよ,テレビ局は。
  • 00:33 先週録画した “タモリ倶楽部” を見ている、今。
  • 06:52 新聞取りに行ってから二度寝しよう。そうしよう。
  • 15:14 swam 2500 meters in total. 今日は少し多めに泳いだ。
  • 20:23 大阪工大知的財産専門職大学院の “コンテンツ知的財産特論” の授業が始まります。前回の内容は http://togetter.com/li/134440 。 #contents_ip
  • 20:24 もっとも,今日は冒頭は先週の東京出張の土産話をするつもりなので,実質的内容はもうちょっと後で。 #contents_ip
  • 20:49 では本来の話題に。今日は権利侵害,とりわけ著作権侵害の責任の帰属について,まずはプロバイダ責任制限法の話から始めます。まずは http://bit.ly/c77ohW を参照。 #contents_ip
  • 21:06 ひととおりプロバイダ責任制限法の概要を説明しました。さて,このプロバイダ責任制限法,とりわけ発信者情報開示制度の実効性について疑問視する向きがあります。なぜでしょうか? #contents_ip
  • 21:13 確かにプロバイダが個人情報取扱事業者であれば個人情報保護の問題もある。しかし発信者情報開示も法律に基づいてなされる。 RT @daaamae: 個人情報の問題点があるのではないだろうか? #contents_ip
  • 21:16 「なりすまし」や他人のコンピューターからの発信も確かにありうるね。 RT @bingjigabing: 発信者が必ずしもその人とは限らない #contents_ip
  • 21:26 プロバイダが発信者の氏名・住所まで知らない場合でも,一定の情報が開示されれば追及・追跡はできるでしょう。 RT @daaamae: プロバイダが保有している発信者の情報が必ず正確ではないから? #contents_ip
  • 21:30 例えば掲示板管理者が保有する情報のみ,IPアドレスとタイムスタンプだけを提供されても,それだけでは責任追及の民事訴訟は提起できないね。 RT @kuraratatta: 総務省令では1住所 、2氏名、3メールアドレス、4IPアドレス、5タイムスタンプに限定#contents_ip
  • 21:34 そうしたプロキシのIPアドレスまで追及できたとして,その先はどうする?そこで追及おしまい? RT @kuraratatta: 海外プロキシ経由したら開示できないんじゃないかなぁ #contents_ip
  • 21:38 プロキシ・サーバー等を介した発信の場合,その途中過程を媒介する者すべてに発信者情報開示を求めないとならない。そして最終的には,実際に情報発信した者の契約 ISP に至ってようやくその者の住所・氏名等まで辿り着けることになる。 #contents_ip
  • 21:48 というところで時間がきてしまった! 続きはまた次回。 #contents_ip
  • 23:38 後日なされた発言を追加。 http://togetter.com/li/134440
  • 23:42 「コンテンツ知財特論 2011-05-16」をトゥギャりました。 http://togetter.com/li/136548

この記事に付されたタグ


この記事へのコメントはまだありません

※ 現在コメントは受け付けていません。


トラックバックの送信

  • あなたのブログがトラックバック機能を備えている場合は記事作成画面等から上記 URL に Ping を送信してください。
  • 手動でトラックバックする場合は下記のフォームからあなたのブログおよびその記事に関する情報を送信してください。手動送信時には別のウィンドウが開きます。元のウィンドウ(記事表示画面)をリロードしてトラックバックが反映されていれば処理がなされています。別に開いたウィンドウは送信処理後は閉じても構いません。


.