これは Twitter(ツィッター)というウェブ・サービスです


目次 (月別アーカイヴへのリンク)

※最新の日記の URLhttp://m4.sekidou.com/ です。

※更新情報(RSS)は http://m4.sekidou.com/index.rdf です。

※2002年 8月16日より前は不定期更新の旧コンテンツです。


概要

目的とポリシー

この日記の主たる目的は,メディア・リテラシーを修練することです。

“メディア・リテラシー(media literacy)”とは,市民が自主的にメディア(とりわけマス・メディア)にアクセスし,これを読み解き,評価することであると捉えられます。書籍,録音・録画物,放送などのマスメディアはもちろんのこと,一個人さえもインターネット上のリソースを用いて容易に対世的な情報発信ができる今日の高度情報化社会において,まさに“玉石混淆”状態の膨大な情報の真価を見極めるためにも,メディア・リテラシーの重要性が増してきているといえるでしょう。ここでは,そのようなさまざまなメディアと,これを介して私たちに提供されるエンターテインメントを対象として,これらを批評することを目的とします。

もっとも,好き勝手な放言が“批評・批判”であるとはとうてい言えません。他者への批判はこれを自己批判としてもフィードバックすべきであると,常々私は考えています。ゆえに私はこの日記を,単なるいいっぱなしで終わらせずにこれを自己批判の機会としても位置づけて,自分の(もちろん学問的なものをも含めた)考え方を再検証する手段として機能するように心がけています。

その他,ニュース,研究のネタ,コンピューター関係の備忘等を書き留めておく目的もあります。

日記の見方

最新の日記”では直近 10日分の日記を表示しています(上が新しい日記になります)。他方,月ごとの表示では月初が上,月末が下に表示されるようにしています。それぞれ,日付の見出しにあるアイコン(日記アイコン)からは日付ごとのページへとリンクしてあります。日付ごとのページでは,すべてのコメントの閲覧およびコメントの投稿ならびにトラックバックの送信ができ,また当該日付の日記に付されたタグを見ることができます。


ビジネス・ニュース・クリップ

2008年 8月 25日付から掲載しています。関堂が購読している 日経産業新聞(平日発行)および 日経 MJ(日経流通新聞)(原則月・水・金発行)のその日の新聞から,ちょっと気になって後で読み返したいかもしれない記事の見出しを書き留めておくものです。保存してある新聞のストックから当該記事を探す際に,それがどこに出ていたのかの備忘として用います。


読んだ記事から

不定期掲載です。その日のあたりで読んだ新聞記事やウェブ文書等について考えたこと,感じたことなどを書き綴ります。


見たもの・聴いたもの

2002年 8月 16日付から掲載しています。文字どおり,その日その日に見たり聴いたりしたものをリストにして掲げていくもので,それぞれのリスト項目ごとに当該番組等に対する批評やコメントを掲載する場合もあります。

リスト掲載の条件

視聴覚的または聴覚的な放送(有線放送を含む。以下同じ。)の番組その他の作品は,その相当部分を視聴した場合に掲載します。すなわち,全部ではないが番組の大半(番組の本質的部分を含み,時間的に少なくとも半分を超える。)を視聴した場合もこれに含まれます。また,とりわけ聴覚的作品にあっては,じっくり腰を据えてではなく何か作業等をしながら視聴する場合をも含みます。

書籍の場合は,すべて読み終えた際にリストに掲載します。なお,書籍の一部を構成する個々の論稿や定期刊行物(雑誌)はリストに掲載しません。

リストの書式

なお,“見たもの・聴いたもの”は(最新の日記においても)各日付ごとに新しいものを下に配置しています。また,テレビ・ラジオで当日の番組として扱っているものは,実際の日付が変わっても翌日の日付にせずに当日分として掲載し,実際の時刻に 24時を足したものをその放送時間として掲げてあります。

リストの書式は作品のジャンル・性質によって若干異なります。主なところでは以下のようになります。

  1. 視聴覚的放送番組の場合
    • 番組名 ―サブタイトル (放送局, 放送時刻)
  2. その他の視聴覚的作品の場合
    • 作品名原題 》 ― 実演家(俳優,監督等) (媒体, カタログ番号等)
  3. 聴覚的放送番組の場合
    • 番組名 ―サブタイトル (放送局, 放送時刻)
  4. その他の聴覚的作品(クラシック音楽)の場合
    • 作曲者: 作品名(和文表記) 《 作曲者: 作品名(原文表記) 》 ― 実演家(楽団,指揮者等) (媒体, カタログ番号等)
  5. その他の聴覚的作品(ポピュラー音楽)の場合
    • 作品名作品名(原題,その他の言語での表記) 》 ― アーティスト名 (媒体, カタログ番号等)
  6. 書籍の場合
    • 作品名 - サブタイトル ― 著者 (翻訳者) (出版者,発行年: ISBN

リストからのリンク

見たもの・聴いたもの”に掲げた作品のうち,書籍や CD 等についてはそれぞれのリストから Amazon.co.jp のサイト へとリンクしています。このリンクを辿ることによって,作品の詳細を閲覧したりこれを購入することができます。


文字コード等について

この日記は,多言語対応のために Unicode(UTF-8)で記述しています。たいていは特に意識しなくともきちんと表示できるはずですが,一部の UA(ブラウザ)では文字コードの設定が必要だったり,設定しても文字化けしてしまうもの(Netscape 4 for Win がこれに該当するかもしれません。)がありますのでご注意ください。なお,場合によってはフォントのダウンロードを促されることがありますが,それを拒絶したとしても一部の文字が表示できないだけで内容はある程度わかるはずですので,その点は各自の判断において処理をしてください。

この日記はカスケーディング・スタイルシート(CSS)を使って主に視覚系の体裁を整えていますので,これに対応している UA では適切に表示されるはずです。

通常画面右側に表示されるサイドバーでは特に,JavaScriptFlash を用いたブログ・パーツ(またはウィジェット)を設置しています。ブラウザーにおいてこれらをオフにしていても内容自体は閲覧できますが,とりわけ JavaScript に関してはコメント投稿者情報の保存(クッキー処理)等の比較的有用な動作も含まれていますので,よろしければ機能を有効にしてご利用下さい。


作者・リンク・著作権等について

作者に関するプロフィール,この頁へのリンクおよび著作権等の法的事項に関する情報は,いずれも このウェブサイトの総合案内 を参照してください。


ライセンスについて

Creative Commons License

このブログは,クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(表示-改変禁止 2.1 日本)に基づいて,一定条件での自由な利用を許諾しています。この条件以外での利用(例えば改変するなど)については,個別にお問い合わせ下さい


.